Loading

軽井沢の冬旅で美食をとことん楽しむ!

旅行の醍醐味といえば、食事も楽しみのひとつ。ここでは「星のや軽井沢」のメインダイニング「日本料理 嘉助」を紹介します。

「日本料理 嘉助」は、季節を感じさせる食材をふんだんに使った「山の懐石」が人気です。まず、おススメしたいのは1日1組限定の「高麗人参ほろほろ鍋」(5日前までの予約が必要です)。


欧米では“食鳥の女王”と呼ばれ愛さている「ほろほろ鳥」は、高たんぱく、低カロリー、ミネラルを多く含むヘルシー食材で、コラーゲンもたっぷり!! 古来より“万能薬”と呼ばれ、滋養強壮が高い高麗人参と一緒に煮込むことで、スープに成分が溶け出し両食材の旨味が凝縮されています。 黄金色のスープは優しい味わいで、さっぱりとした鶏の脂と出汁がとにかくマッチしていて、何回もおかわりしちゃうほど!


ほろほろ鳥を堪能できるコース料理は、焼き鳥のほか、鶏飯仕立てのスープがけごはんに鍋の出汁を入れて沢山のメニューを楽しむ事ができます。


卵もほろほろ鳥のもの! 好きな薬味を好きなだけ入れて楽しめます♪ 身体の内側からキレイになれそうな予感!


ほろほろ鍋の黄金色のスープをかけて、最後まで“ほろほろ鳥”を堪能できて大満足。 こちらのコース料理は全部で6品。 また、宿泊した際の翌朝も、「日本料理 嘉助」の朝食がおすすめ! 季節の野菜をふんだんに使った「山の朝食」は、炭火で焼いた鮭や土鍋で炊いた炊き立てのご飯が。どれも絶品で、朝から幸せな気分MAXに!





旬の食材が楽しめるとろろ鍋も絶品!  お昼まで利用できるので、時間を気にせずにお庭の棚田を楽しみながら、ゆっくりといただけるのが嬉しい♪ 毎日こんな朝を迎えられたら幸せですよね。


また、「星のや軽井沢」では、食事を自由に楽しんでもらいたいという思いから食事は宿泊者が自由に選べるスタイルになっています。宿の周辺の軽井沢星野エリアには、多くのレストランがあり、今回はカジュアルダイニングで人気の「村民食堂」で、おすすめの「投じ蕎麦」をいただきました。


小さいざるに食べる分のお蕎麦を入れて、お鍋の中で温めて食べるスタイルが楽しくて、夢中で食べ終わる頃には体がポカポカに♪ 信州らしい郷土料理を山のように楽しめます!


デザートの花豆のソフトクリームはソフトクリームの中にもトッピングにも花豆が使われていて、さっぱりと濃厚な味。村民食堂へ来たらぜひ味わってみて♪

「村民食堂」
軽井沢星野エリア内
営業時間 11:00~23:00(22:00L.O.)
http://www.hoshino-area.jp/archives/area/sonminsyokudou


取材・文・撮影/with girlsキュレーター塚本愛梨

軽井沢の冬旅で美食をとことん楽しむ!

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter
Instagram Instagram
LINE 友だち追加数

おすすめ関連記事

もっと見る

カテゴリーランキングを見る

スペシャル

with online SNS公式アカウント

  • facebook
  • twitter
  • line

AD