Loading

バレンタインレシピのベース、チョコレート「基本のき」!

初心者は「テンパリング」という繊細な温度調節の作業が不要なチョコを使うと、失敗しにくい。 チョコは少しでも扱い方を間違えると失敗しやすい素材のため、全レシピのベースとなる湯煎のコツや、意外と知られていない注意点をご紹介します!

チョコレートを扱う上での「基本のき」


初心者は、「コーティングチョコ」の使用が絶対おすすめ!

テンパリング不要のコーティングチョコは、「TOMIZ」などの製菓材料通販サイトや東急ハンズで購入できる。


1. チョコレートを溶かすときは60℃ぐらいの湯に当てる

ボウルにチョコを入れ、お鍋やフライパンに張った湯に当ててゆっくり溶かしていく。 高温で溶かすとチョコの油分が分離して失敗するので、熱湯や電子レンジはNG。


2. 板状のチョコレートを使う場合は溶かす前に刻んでおく

手に入れたコーティングチョコが板状だったら、包丁で細かく刻んでおくと湯煎がスムーズに。最近は手間のかからない粒タイプのチョコも増えている。


3. 作業中は水分の混入に気をつける!
チョコレートにとって水分は大敵。少しでも水分が入ると凝固しやすくなり、口当たりが悪くなってしまう。 調理器具は使う前に水気を拭き取って!


4. 常温保存でOKだけど温度変化に要注意!
無事に作り終えた後も油断は禁物。暖房の効いた部屋に置いておくとチョコが溶けて味が落ちてしまうため、直射日光が当たらない、涼しい場所で保管するのがベスト。


5. チョコレートは余裕を持って多めに用意すると安心
「シュータワー」や「ショコラオランジュ」のようなチョコを「つける」レシピは、分量を少なく見積もりがちでも、多めに用意したほうが作業もしやすくて便利。


with3月号 では、その他にもバレンタインに作りたいインスタ映えチョコ♡D.I.Yレシピを、写真撮影のコツと供に紹介中です!渡す相手からも、インスタ上でも「♡」をもらおう!

『インスタ映えチョコレシピ』 記事一覧

with3月号立ち読み記事 一覧

北川景子さんが表紙のwith3月号は、ユニクロ&GUを格上げさせる「合わせ方」、東京タラレバ娘の着まわし、春に向けた大人見えピンクコーデ、春服NEWSなどファッション企画を大特集。さらに先取り春メイクや無造作ボブのつくり方、プチ老け対策法、インスタ映えチョコレシピ、美人度が急上昇する話し方など内容盛りだくさんでお届けしています♪

撮影/柳詰有香 フードスタイリスト/岡本ゆかこ デザイン/ohmae-d 取材・文/浅原 聡

バレンタインレシピのベース、チョコレート「基本のき」!

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter
Instagram Instagram
LINE 友だち追加数

カテゴリーランキングを見る

スペシャル

with online SNS公式アカウント

  • facebook
  • twitter
  • line

AD

PAGETOP