Loading

[with独占!] ベッキー「皆に応援される恋愛がしたい」と語った本音1万字インタビュー![動画公開中]

12月27日(火)発売の『with』2月号で、ベッキーさんが1万字に及ぶインタビューに応えてくれました。年明けの騒動から、約一年。騒動の最中、そして家から出なかったという4か月の休業期間、ベッキーさんが何を思って、どんな風に過ごしていたのか、2時間半のインタビューで赤裸々に語っています。

with独占! ベッキー1万字インタビュー
騒動のこと、休業中のこと、これからのこと 胸中を語った


今回の撮影では、‟黒は着ない”というこれまでのベッキールールを打ち破り、大人っぽい黒コーデに挑戦! 特集の扉のカットの朝靄を背景にした幻想的な写真は息を飲むほど。撮影は写真家の川島小鳥さん。スタイリストもヘアメイクもすべてが初めてのスタッフで挑んだロケでは、「これからは皆さんの手によって新しい道ができていくんだ」と感じたそうです。また、行きつけのカフェやベッキーさんのご自宅といったプライベートな空間で撮影された写真での、普段なかなか見ることができない素顔も要チェックです!

まず、騒動と休業という一連の出来事に関しては、どんな経験でしたか?

「私は人に迷惑をかけた側で、『いや、あなたは辛いって言える立場じゃないでしょ』という意見もあると思うんです。もちろんそれは分かった上で、正直な気持ちを言っていいのなら…………やっぱり、辛かったですね」

その恋が週刊誌にスクープされたと分かったときはどう思われましたか。

「すごくびっくりしましたし、“何が”かは分からないんですけど、『終わった……』って思いました」

そこから連日続いた報道やワイドショーなどは、観ていましたか?

「ずっと自宅にこもっていたんですけど、最初はテレビもインターネットも何も見られなかったんです。しばらく経って、さすがにもう大丈夫だろうと思ってお昼にテレビをつけると、まだ自分のニュースをやっていて、ハッて消したりして。『あぁ、本当に悪いことをしてしまったんだ』と思いましたね。『これだけの大きなことをしてしまったんだ』って。でも、3月の頭ぐらいかな、芸能界の先輩から『それは反省になってない。全部見て、全部受け止めなさい』って言われて……それからちゃんと向き合うようになりました」

長いバッシングに、「芸能界を辞めたい」と考えたりはしませんでしたか?

「辞めたほうがいいのかな?って、何回も頭をよぎりました。実際、私が出ていなくても番組はまわっていますし、もう無理なのかなって。でも、ファンの方々やレギュラー番組のスタッフの方々が『待ってるから』と言ってくださって、それは本当に嬉しかったです。その声に応えたいなって」

辛い時期を支えてくれた人たちがいたんですね

「当時は、ぬくもりとか、人とのつながりがないと壊れてしまう瞬間が多かったので、いろんな友達が心配してくれたのもありがたかったです。『あ、壊れちゃう』と思ったら、友達とテレビ電話だけつなげて、何もしゃべらずにお互いに自分のことをやったり……。私をひとりにしないようにいっぱい泊まりに来てくれたり、『食欲ない』って言ったら、『じゃあ作りに行くよ』って料理を作りに来てくれたり。普通、食欲ないって言ってる人に料理を作るって、矛盾してるじゃないですか。でも、友達が作ってくれた料理を見たら、自然と食べたい!って思えたんですよね。それでもベッドに入る瞬間はいろいろ考えちゃって、最初は眠ることもできませんでした。だけど泣き疲れると寝られるから、泣き癖がついちゃったりして。親友に『テレビ電話で寝るまで見てて。寝たら切っていいから』ってお願いすることもありました」

素敵な方々に囲まれていることがわかります

「考えられないぐらい苦しい時間もあったけど、信じられないぐらいあたたかい言葉もたくさんいただいて。『この人生をもう一度生きろ』って言われたら、『いや~、ちょっとキツいです』って言いそうだけど、この人生で出会えた人たちにもう一回会いたいって思う。それぐらい素敵な人たちですね」



6月10日に復帰しようと思えたきっかけは何かあったんですか?

「自分から動いて何かをすることはできない中で『FULL CHORUS』さんが『この日からどうですか?』と言ってくださったので、『ありがとうございます』って復帰させていただきました。久しぶりの仕事は、『本当に帰ってこれた』って思えて……喜びと感謝の気持ちでいっぱいでした。オフィシャルに笑える時間が確保されていることも、MCはこうしてみよう!とか、やっと楽しい考え事ができるようになったのも嬉しかったですね」

その時期から外出するようになったんですね。

「仕事にも復帰して、『もう出かけてみようかな?ここからは普通に生活していこう』と思って。母親がすっごく喜んでくれましたね。『ベッキーが今日出かける。嬉しい~!』って」

今後はどんな恋愛をしていきたいですか?

「皆さんに応援される恋愛。それしかないですね」

それができるようになるには?

「分からないです。当分恋愛しません!とも言いません。ただ、私と恋愛した時点で相手には絶対迷惑かけちゃうから、そこが怖い。私の過去も受け入れてくれて、それでも好きになってくれる人がいたらいいなと思います」

withの撮影を終えて感想は?

「本当に楽しくて、ありがたかったです。初めてのカメラマンさん、スタイリストさん、メイクさんとお仕事できたのも嬉しかったな。今までは“黒い服を着ない”とか“ベッキーヘアメイク”とか、自分の中でいろんなルールがあったんですけど、もう取っ払っていこうと思って。今回は本当にいい機会をいただけたし、これからは皆さんの手によって、新しい道ができていくんだと思えました」

withの読者にメッセージはありますか?

「過去の連載で偉そうにいろいろ語っていたので、『がっかりした!』っていう方もいると思うんです。ほんとにマイナスからのスタートなんですけど、頑張っていきたいと思います。『応援してください』と言うのは一方的なんで。でも……たまにチラチラッと見ていただけたら嬉しいです」

<編集長コメント>
「以前2011年2月号~2014年7月号まで約3年半、withでベッキーさんの連載をやらせていただいていたので、そのご縁あってのお話しでした。実は周囲からは、“何をやっても否定的な意見がある今は、手を出さない方がいい”というご意見もいただきました。が、ごくフラットな立場で、あの時どう感じていたか、今この状況をどうやって乗り越えていくつもりなのか、今後どう進んでいきたいのか、など、ストレートに聞いてみたいと思いました。結果、ひとたび語られた言葉には事務所からの削除要請もなく、今の思いをとても素直に語ってくださったと思います。感じ方は人それぞれだとは思いますが、ぜひ読んでいただけたら幸いです」


ベッキーのメイキング&インタビュー動画ロングverを大公開!


Profile ベッキー
‘84年3月6日生まれ。神奈川県出身。14歳でデビューして以来、タレント・女優として数々の番組に出演し人気を博する。現在、BSスカパー!の音楽番組『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』に司会として出演中。LINE「お年玉キャンペーン」CMのナレーションに抜擢されたことも話題に。2017年1月15日(日)より、北海道文化放送(UHB)の『北海道から はじ○(マル)TV』にて新MCレギュラー番組がスタート。


撮影/川島小鳥 スタイリスト/大田由香梨 ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) 取材・文/上田智子(with2月号本誌)

ベッキーさんの記事一覧

with2月号立ち読み一覧

嵐が表紙のwith2月号は、コスパ最強5点セット着まわし、UNIQLO&GUの買い足すべきアイテム、実は大人向けの通販ブランドなど、「コスパ服」の新常識を大特集! さらに目元やリップの春新色NEWSや濱田マサル流の20代でやっておくべきスキンケアなど美容特集も盛りだくさんでお届けしています♪

[with独占!] ベッキー「皆に応援される恋愛がしたい」と語った本音1万字インタビュー![動画公開中]

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter
Instagram Instagram
LINE 友だち追加数

カテゴリーランキングを見る

スペシャル

with online SNS公式アカウント

  • facebook
  • twitter
  • line

今月のwith

今月のwith

with9月号
次号9月号はデビュー10周年を迎えるHey! Say! JUMPが表紙!最強3ヵ月着まわしでは、いち早く秋トレンドを取り入れて、手持ち服をリフレッシュ!

次号with9月号は、真夏も秋もずっと使える最強3ヵ月分の着まわし術を伝授。チームwithが培ってきたワードローブができるまでの"ものすごい法則"を大公開! with読者憧れの深田恭子さんが登場する、金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」とコラボした「憧れの先輩OL」着まわし20daysも必見。秋のオシャレを考え始める今の時期、withトレンド調査隊がこの秋流行るアイテムや旬の着こなし術や最新トレンドを徹底調査! with世代のリアル白書2017ではおしゃれOLの間で流行っている最新情報をお届け、あなたはいくつ知ってる? 雑誌の通りにやっても上手くいかない!との声にお応えして、ヘアアレンジのプロGendaiさんが疑問に答えます。女子憧れの「ふわもち」BODYを持つ佐野ひなこのヒミツを徹底解剖! 今回のインタビューで注目するべきは何と言っても、デビュー10周年のアニバーサリーイヤーを迎えるHey! Say! JUMP。通常版とミニ版は同時発売ですが、掲載写真がぜーんぶ違います! 通常版は「そばにいたい編」でソロ充実♡、ミニ版はオフショットを収録。その他にも高畑充希さん、高橋一生さん、吉岡里帆さん、白濱亜嵐さん、佐野玲於さん、不定期連載GIVE&TAKEではEXILE NESMITHが撮るEXILE NAOTOなど、今回も情報盛りだくさんでお届けします。→詳細へ

  • amazonで買う
  • 楽天ブックスで買う
  • 7netで買う

AD

PAGETOP