Loading

『奥田民生になりたいボーイと、出会う男すべて狂わせるガール』から学ぶ男目線的モテ。

『奥田民生になりたいボーイと、出会う男すべてを狂わせるガール』は、まさに文字通り、奥田民生に憧れる編集者が、めちゃめちゃ可愛いファッションプレスの女の子に一目惚れし、翻弄されまくる物語。男の妄想を描いて右に出るものはいない大根仁監督が、とにかく水原希子ちゃんを「男子目線」の理想の女の子として撮った作品です。


(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

女性誌ではよく「モテ」をテーマに、こんなコーディネート、こんな化粧、こんな仕草、こんな行動……みたいな特集が組まれていますよね。それって「女子目線」から見ると、へー、なるほど、確かにこういう女子ってモテるかも……なーんて思わせられる、それなりの説得力がある気がします。


(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

一方、この映画で希子ちゃん演じる「狂わせガール」は、完全な「男子目線」。やけにお尻を強調して男の鼻先で振ってみたり、坂の上でミニワンピで下着見えるか見えないかのギリギリの線ではしゃいでくれたり、ところかまわずキスを求めてきたり、食事の途中で唐突に耳舐めて見たり、まあ当然っちゃ当然なんですが、男子マンガ的妄想と監督の妄想が絡み合って、「男子目線」のあまりのわかりやすさ、性的なものへの直結感、そして「女子目線」との落差に、ちょっとびっくりしたりします。


(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

そして私個人としては、こんな女子いませんから、いたとしてもそれは完全に意図的、何かしらの「裏」がありますから――と思ったわけですが、映画的にもこれは完全な確信犯で、この作品最大のミソでもあります。ラストに、まるでしっぺ返しのように見えてくるあかり(もしかしたら、彼女を通じて描かれるあらゆる女子)の正体は、ある意味ものすごくリアルで痛快です。


(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

ビジュアル的な見どころは、もちろん水原希子ちゃんのファッション。大根監督は「すべての場面で違う服を」とこだわったらしく、カジュアル、パーティー、ランジェリーなど、まるで着せ替え人形みたいな可愛さ。女子的にはこれを見ているだけでも楽しめる映画になっています。

『奥田民生になりたいボーイと、出会う男すべて狂わせるガール』絶賛公開中!
オフィシャルサイト:http://gaga.ne.jp/sandome/
(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

ライタープロフィール
渥美 志保
TVドラマ脚本家を経てライターへ。FRaU、GOETHE、ELLE Japon、コスモポリタン日本版など一般誌のほか、企業広報誌などにも多く寄稿。J-WAVE「KEY COFFE METROPOLITAN CAFE」ではシネマスターとして映画を紹介。TOKYO FM「FMシネマ」では構成とキャスティングなども担当。現在は映画を中心にカルチャー全般のインタビュー、ライティングを手がける。
Facebook https://www.facebook.com/atsumishiho
Twitter https://www.twitter.com/atmsh_official



with10月号では、さらに今月おすすめの映画、音楽、書籍を紹介しています。お気に入りの作品を見つけよう♪

映画の記事一覧

渥美志保の記事一覧

with10月号立ち読み記事 一覧


佐々木希が表紙のwith10月号は、今すぐ投入できる、秋の服を大特集! 真っ先買いの秋スカート企画では、女優の長澤まさみさん、桐谷美玲さん、吉岡里帆さん、永野芽郁さん、守屋茜さん、渡辺梨加さん(欅坂46)が着こなし競演♡ また、佐野ひなこ・愛甲千笑美による「コスパブランド」だけで美人になれる着まわし30days×2、秋ファンデナビ、ヌケ感ヘアアレンジ、やせるつくりおき秋の弁当などコンテンツ満載! 吉高由里子さんの尾道旅、石原さとみさん@Lassy編集部、妻夫木聡さん×水原希子さん、山田涼介さん(Hey! Say! JUMP)のインタビューもお見逃しなく!

『奥田民生になりたいボーイと、出会う男すべて狂わせるガール』から学ぶ男目線的モテ。

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter
Instagram Instagram
LINE 友だち追加数

カテゴリーランキングを見る

スペシャル

with online SNS公式アカウント

  • facebook
  • twitter
  • line

AD

PAGETOP