Loading

銀座ダイヤモンドシライシで ‟私だけ”のエンゲージリングを作る[PR]

キラリと光るダイヤモンドを飾ったエンゲージリングは女の子の憧れ♡ でも最近は、ファッションもライフスタイルもカジュアル化が進み、‟リングなし”で結婚するカップルも少なくないのだとか……。なんだか寂しいですよね(泣)。一生に一度の大決心、せっかくなら素敵なリングにふたりの愛を託したい! ケンカしちゃった日、辛いことがあった日、心をこめて選んだリングはきっと花嫁の想いを支えてくれるはず。


日本で初めてのブライダルリング専門店であり、20年以上もの間、さまざまなカップルの結婚を見守ってきた銀座ダイヤモンドシライシは、そんな一生のパートナーとなるブライダルリングをさらに特別なものにするために、さまざまなサービスを用意しています。さっそくチェックしてみましょう!

#1 リングの内側に、ふたりだけの特別な言葉やマークを刻印


「レーザー刻印サービス」はリングの内側に、イニシャルはもちろん、ふたりだけにわかる思い出のモチーフやプロポーズの言葉、メッセージなどを刻印できるサービス。カップルの中には、ふたりが大好きな食べ物や可愛がっているペットの動物デザインなどの刻印をオーダーする人も多いのだとか。ちょっぴり落ち込んでしまった日も、そんなモチーフが入ったリングの内側を見たら、すぐに元気が出てきそうですよね♡ 縁起でもないことですが、彼にはちょっとした浮気防止にもなるかもしれません!?

レーザー刻印サービス http://www.diamond-shiraishi.jp/brand_service/carved_seal.html

#2 ふたりの願いを表すストーンをリングの内側に忍ばせて


ガーネットは「笑顔」、アクアマリンは「思いやり・幸福」など、天然石やカラーダイヤモンドには、それぞれに特別な力やメッセージが宿っていると言われています。そこで、ブライダルリングの主役のダイヤモンドとは別に、そんなストーンをリングの内側に『お守り』として忍ばせてしまうサービスがこちら! たとえば、「ペリドット(夫婦愛・成長)」と「ブルーサファイア(信頼)」というふたつのストーンを組み合わせると「信頼し合いながら、幸せな家庭を築いていきましょう」というメッセージに。 ふたりらしい幸せのイメージを話し合いながらあれこれとストーンを決める時間は、ふたりの絆をいっそう深めてくれそうですよね!

シークレットストーン http://www.diamond-shiraishi.jp/brand_service/secret_stone.html

#3 ふたりにぴったりのダイヤモンドを選ぶ


100組のカップルがいれば、その愛のかたちも100通り、それぞれに唯一無二のラブストーリーがあるはず。それなら、ふたりの愛の象徴でもあるエンゲージリングも、ダイヤモンドから丁寧に選んで‟愛のストーリー”をもうひとつ、加えてみませんか? 約50億年前の地球誕生とほぼ歴史を同じくすると言われるダイヤモンドは、ひとつひとつ個性豊かで違った表情を持っています。色味や輝きでピンとくるものを選んでも良いですし、カラット数を記念日に合わせる……という選び方もあり。ふたりで選んだダイヤモンドをエンゲージリングにセットするなんて、とてもロマンチックです♡

スマイルプロポーズリング http://www.diamond-shiraishi.jp/propose_item/smile-propose-ring.html

このサービスは、「サプライズでプロポーズリングを贈りたいけれど、彼女のリングのサイズや好みがわからない……」という男性たちにも人気なのだとか……。最近ではなかなか「給料3ヶ月分」で購入したリングを彼女の前に差し出し、ひざまづいてパッカーン……というプロポーズ話を聞きませんが、銀座ダイヤモンドシライシのCMには、そんなクラシックで素敵なプロポーズの瞬間が出てきます♡ 監督は映画『世界の中心で愛を叫ぶ』や『ピンクとグレー』で知られる恋愛映画の名手、行定勲さん。こちらを見ると、エンゲージリングは大切に選ぼうという気が湧いてきます♪

CM動画はこちらをチェック!!

http://www.diamond-shiraishi.jp/news/tvcm_201610.html

いかがでしたか? 盛り上がったふたりも、結婚してしまえばその関係はいつか日常に……。でも、素敵な思い出がつまったブライダルリングと一緒に、ふたりで小さな幸せを重ねていくのもいいですよね。それでは!


問い合わせ先:銀座ダイヤモンドシライシ本店
電話:03-3567-5751 http://www.diamond-shiraishi.jp/

Follow! @ginza_diamond_shiraishi

取材・文/小川聖子

with online SNS公式アカウント

  • facebook
  • twitter
  • line
PAGETOP