編集部|ビューティー

私の“おりもの”は正常? 婦人科医に聞いた、病院を受診したほうがいい「異常なおりもの」の特徴【どんな色・臭いがする?】

どう対処するのが正解か気になるけれど、なかなか人には聞きにくいカラダの悩み。今回は「おりもの」について針間産婦人科の金子法子院長に、周期ごとのおりものの特徴や病気の可能性がある“異常なおりもの”などについてお伺いしました。

【目次】

Q1:そもそも「おりもの」って? どういう役割をしているの?

おりもの(医学的には帯下〈たいげ〉)は、子宮頚部、子宮内膜、膣から出る酸性の分泌物のことをいいます。膣の中の潤いを保って粘膜を守ったり、膣の中の汚れを排出したり、いろいろな雑菌などが子宮の中に侵入するのを防いだりして、女性の身体をしっかりと守ってくれます。また、排卵のころには卵の白身のようなゼリー状の粘っこいおりものに変化し、受精時に、精子が中に入りやすい状態にします。

Q2:おりものの量や質感はなぜ変わる? 周期ごとのおりものの特徴は?

<生理直後のおりもの>

おりものの性状は、女性ホルモンの分泌と密接な関係があります。月経の周期によって、その性質は変わります。生理直後の数日はほとんどおりものはありませんが、それから排卵期に向けて、少しずつ増えていきます。これは女性ホルモンのうち、卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンが徐々に増えていくためで、卵巣には排卵に向けて成熟卵胞という、卵子の入った袋がだんだんと大きくなり、子宮内膜(赤ちゃんが育つベッドのようなもの)を厚くします。この時期を増殖期といいます。

<排卵期のおりもの>

排卵期にはエストロゲン値はピークを迎え、生卵の白身のような、ゼリー状の透明なよく伸びるおりものが出ます。これによって、精子を受け入れやすくします。

<分泌期のおりもの>

排卵が起こると、エストロゲンに加えて黄体ホルモン(プロゲステロン)が産生されるようになります。厚くなった子宮内膜は妊娠の準備のため、そのベッドをフカフカの状態にして、受精卵が着床(床に着くと書きますね。まさにベッドにもぐりこむのが妊娠の成立です!)しやすい状態にします。この状態は約2週間続きます。この時期のおりものは、白色やクリーム色のドロッとしたおりものに変わり、量はいったん減り、生理前にはまた少し増えます。この時期、茶褐色のおりものがみられる方もいます。また、臭いも強くなり、少し酸っぱいような臭いを感じる方もいます。
次のページ>>一般的なおりものの「量」はどのくらい?
47 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ