編集部|ビューティー

【with×神崎恵さん】ウェビナーに参加しました!ライフステージの変化とスキンケアへの向き合い方って?

【with×神崎恵さんウェビナーレポ】ライフステージの変化とスキンケア

日本の美容研究家であり、モデル、女優などもこなす神崎恵さんが登壇した、with online主催のウェビナーのレポートをまとめました。

神崎さん直伝の化粧水の付け方や、オススメの化粧水など、今日からすぐに取り入れられる具体的な方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

出産を経て、肌の明らかな潤い低下を痛感

pattern_1
3児の母である神崎さんは、出産を経たタイミングで、今までと明らかに違う肌の潤い低下を痛感したと言います。

出産前は特に目立った肌トラブルを感じることもなく、スキンケアを楽しめていたそうです。

ところが産後程なくして、いつも通りにスキンケアをしていても、「くすみ」「しおれ」「ごわつき」「毛穴」などが気になりだし、初めて肌の調子が悪いと確信。

様々なアイテムを使って、どんなに丁寧にスキンケアをしていても、満足できなくなってしまったそうです。

そんな神崎さんが、最終的に一番大事だと感じた方法は至ってシンプル。

「化粧水をきちんと選び、しっかりとつける」というアンサーでした。

化粧水ってやっぱり高価なものを選ぶべき?

pattern_1
化粧水を“きちんと選び”、“しっかりとつける”と言葉にすれば簡単ですが、様々な化粧水の中から良いもの、自分にあっているものを見つけることは至難の技。

ここで「やっぱり良い化粧水は高価なもの?」という疑問が浮かんできます。
この問いに対し神崎さんは、「高価、安価という基準ではなく、実際に感じて選ぶことがポイント」と答えています。

具体的にどのような変化があるものを「効果が高い」と認識するかという点については、「透明感が上がる」「肌がひんやりする」「化粧水しかつけてないのに艶が走る」といった感覚を大切にしているそうです。

化粧水の付け方については、以下の手順がオススメですのでぜひ参考にしてみてください。

①コットンに化粧水をたっぷり含ませ、顔全体をしっかり湿らせる
②手の平で丁寧に何回も馴染ませていく
③「透明感が上がる」「肌がひんやりする」「化粧水しかつけてないのに艶が走る」と実感できたら、美容液など次のステップへ進んでOK
④より丁寧に整える場合は、ローションマスクでさらにケア

自然と肌へ飲み込まれる「THE WATER MATE」/ONE BY KOSE

pattern_1
最後に、神崎さんオススメの新作化粧水のご紹介です。

ONE BY KOSEから2021年8月21日に発売した「THE WATER MATE」は「水(water)と肌が仲間(mate)になる」をコンセプトに作られた化粧水で、この季節一押しの化粧水だそう。

実際の使用感を「入れ込むというか、自然と肌へ飲み込まれる感覚」と表現していた神崎さん。

成分については、ヒアルロン酸とセラミドの複合体「モイストパフォーマー」を配合することにより、肌の水分量を向上させ、長時間うるおいを持続させることができるそうです。

さらにマスク生活が常態化した昨今、マスクと肌の摩擦による乾燥、肌荒れを予防するために、角層内をうるおいで満たす「モイストスプレッダー」を配合。

導入の保湿美容液とのダブル使いで、さらに高い保湿効果を実感できるとのことでした。

肌の潤いが低下しがちな季節の変わり目、保湿性の高いスキンケアアイテムをお探しの方はぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

自分の中で、効率よく確実に前向きになれる方法

pattern_1
ウェビナーの終盤では、現代女性の多くが抱えるメンタルヘルスに関する話題にも触れられ、神崎さんは以下のような言葉を残しています。

「気分が落ち込んでいる時でも、肌の調子ひとつで前向きになれる。変化を自分以外に求めるとコントロールが難しいので、自分の中で効率よく、確実に前向きになれる方法を探していくことが大切。それが私にとってはスキンケアだった。頑張り過ぎる必要はないけれど、楽しみながらできる方法としてスキンケアはオススメ」

“スキンケアが心の健康にも通じている”ということが言葉の節々から感じられ、印象的なワンシーンとなりました。

私もセルフコントロールの一環として、スキンケアから見直す良い機会となったウェビナーでした。
皆さんもこの秋、心の健康を肌から変えてみてはいかがでしょうか。
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ