編集部|ビューティー

美容医療初心者さんにおすすめ!皮膚科クリニックで「カスタマイズ治療」を受けてきました!

こんにちは。
withLabエディターの倉科祐子です。

先日、初めて美容皮膚科クリニックでスタマイズ治療を受けてきました。
30代に入り、シミやたるみが気になり始め、今までとは違うことをしなくては、と焦りを感じたからです。

これまでの美容医療経験はほぼゼロ。(ホクロ取り、シミ取りは1回ずつ経験があります)
そんな美容医療初心者の私がなぜカスタマイズ治療を選んだのか、当日の流れや今後のスキンケアを見直そうと思った理由など、リアルな体験レポートををご紹介します。

カスタマイズ治療を選んだ理由

なぜカスタマイズ治療を選んだのか。
それは、美容医療初心者であり、悩みに対してどのようなアプローチをすべきか分からなかったからです。

今はSNSやインターネットで検索をすれば、多くの情報は手に入ります。
しかし、その中から自分の肌に最適なメニューは何なのか、どのクリニックを選べばいいのかを決めるのは難しいです。

だから、まずは自分の肌を知るために、「肌診断」をしてくれるクリニックがいいと思いました。
肌診断では、肌診断器で肌を撮影し、その結果をもとにカウンセリング、肌状態に合った施術をしてもらいます。

肌診断器では、目に見えていない隠れジミや数年後に現れるであろうシワやたるみなどがわかります。
悩みはあるけれど、実際のところはどうなのか、をプロの視点で見てもらうことはできよかったです。

カスタマイズ治療の流れ

では、当日の流れについてです。
時系列に沿って書いていきます。トータルで約120分でした。

①スタッフの方とカルテの内容に基づいてカウンセリング、メニューと金額について確認

②クレンジングと洗顔

③肌診断器で撮影

④写真をもとに先生とカウンセリング

⑤肌に合った施術
私の場合は、先生に選んだいただいたレーザー2種類+エレクトロポレーション

⑥ホームケアの説明、お会計

肌診断の結果を見ながら丁寧に時間をかけてカウンセリングしてくれました。
そのため、美容医療初心者の私でも、安心して施術を受けることができました。

先生とのカウンセリングは、スキンケアに対する考えが変わり、今後のスキンケア方法を見直すきっかけになりました!
レーザーで治療してもらえたのはもちろんよかったですが、カウンセリングをして肌やスキンケア方法を見直せたことが何より大きな収穫でした。

気になる肌診断の結果は?

頬に隠れジミが存在しているとのこと。これらが肌に出てこないように対策する必要があります。また、極度の乾燥状態で赤みも気になると言われました。

まずはこの乾燥肌をどうにかすることが第一にやるべきだそうです。そして、肌の土台を整えるために、ダイアナとIPLというレーザーを選んでもらいました。

肌への摩擦やスキンケアのしすぎで乾燥や赤みを引き起こしていたのかもしれません。美容好きだからこそ、毎日よかれと思って色々なスキンケアをしていたのが逆効果だったなんて……。時間もお金も掛けていたのに悲しいですね。

しかし、やるべきことが明確になったので、美肌への道がはっきりわかってよかったです! 今後のスキンケアを見直すきっかけになりました。やはり、肌状態をしっかり見てもらい、そのうえで施術してもらうのは本当に大切です!

カスタマイズ治療をした感想

美容医療初心者の私は、まずカスタマイズ治療をしてみてよかったです!
自分の肌悩みから「このメニューをやろう!」と決めてからクリニックに行くのではなく、まずはプロに肌状態をしっかり見てもらい、適したメニューを提案してもらう。そのほうが、悩みの解決へ最短ルートだと思います。

カスタマイズ治療は続けることが大切だそうです。なぜなら、今回当てたレーザーに対する肌への反応を見て、今後のアプローチが決まってくるからです。

1回で悩みを解決させようと思うのではなく、細く長く続けることで理想の肌に近づけていきたいです。

それには、クリニックのスペシャルケアだけではなく、毎日のホームケアは必須です。肌診断をすることで、今の肌に合ったスキンケアが明確になったので、まずはそこから頑張りたいと思いました。

やれば肌は効果が出ると思うので、楽しみながら頑張ります! カスタマイズ治療や美容医療に興味がある方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Instagramも更新していますので、ぜひご覧ください。
 
12 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ