ビューティー
有村藍里「自分をもっと好きになるための“一歩”」

有村藍里「“自分を嫌いな私”から“なりたい私”へ――少しずつ歩んできた今こそ伝えたい、大切なこと」【連載50回目】

「自分を嫌いな私」から「なりたい私」へ少しずつ歩んできた

今週で連載なんと50回目です! 感慨深いです……。「自分をもっと好きになるための“一歩”」として2020年10月2日に連載をスタートさせていただいてから、毎週金曜日の20:00に更新。そんな夢のような日々が始まってからもうすぐで1年になります。

それも決して当たり前のことではなく、私が連載を続けさせていただけているのは毎週、記事を読んでくださっている方々がいてくださるからです。本当にありがとうございます。

「自分をもっと好きになる」というタイトルの意味は、見た目のことだけではなく内面に対する想いの方が大きいです。

見た目に少しでも自信を持つことが出来れば、内面を磨く余裕が生まれる。内面を磨いていれば、見た目に自信を持つための努力をしてみようと前向きになれる。前向きになれたら笑顔に繋がると考えています。だからどっちも頑張っちゃえ! と思っています。
私は私のことが嫌いでした。連載50回目を迎えるまでの間にも何度も葛藤があったり、自分の不甲斐なさに悔しくて悔しくて、その気持ちをどこにぶつけたらいいのかもわからず塞ぎ込んでしまう時もありました。

ですが、連載を続けさせていただく中で「なりたい自分」にさらに一歩でも近づくために自分に似合うメイクやファッションを研究しました。美容についてもまだまだ知らないこともあり、たくさん勉強をしました。

私が魅力を感じる人は、とても笑顔が素敵です。堂々とした笑顔、屈託のない笑顔、内面から溢れてくる笑顔、そしてそういう人の周りにはたくさんの人が集まります。明るい笑顔に引き込まれるんです。一緒にいるととても楽しいんです。そんな風になりたいなあ……とずっと思っていました。

「なりたい自分」。私は意識をしなければそれが出来ないから、「素直に笑えるように」「自分を好きになれるように」少しずつ歩んできました。

with onlneさんで連載を始めさせていただいてからも、連載を担当してくださっている方と一緒に美容やコスメ、ファッションに触れさせてもらう機会も増えて、なにもかもが新鮮で楽しくて、全ての経験が私の宝物になっています。
次のページ>>真っ暗な闇の中にいた中学時代でも、「変えたい」という気持ちだけは持ち続けていた  
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ