編集部|ビューティー
12.Mar.2020

【まつ毛パーマ】エクステとの違いからもちを良くするおすすめの方法、値段まで徹底解説!(初心者必見)

6. まつ毛パーマのもちをよくする方法・お手入れ方法

pattern_1
まつ毛パーマは自まつ毛に施術をしているため、もちを良くするには日々のケアが大切になってきます。また、まつ毛パーマをした後のお手入れの方法がわからないという方もいるかも知れません。そんな方のために最後にまつ毛パーマのもちをよくする方法(注意点なども含む)やお手入れ方法をご紹介していきます。

【ビューラーは逆効果なので使わない】

pattern_1
この方法は意外と思われる方も多いかもしれません。ですが、実はまつ毛パーマをしたまつ毛にはビューラーを使用することは逆効果なのです。というのもビューラーはまつ毛パーマを施したまつ毛を痛めてしまうからです。

さらには、ビューラーを使用することで、まつ毛パーマによって形成されたカールが崩れやすくなってしまいます。しかも、まつ毛パーマのもちも悪くなってしまいます。ホットビューラーも同じようにまつ毛を痛めてしまうので、使用しないことをおすすめします。

【目元をこすらない】

意外としてしまうのが目元をこすってしまうことです。目がどうしてもかゆいなんてこともありますよね。わかるのですが、目にもまつ毛のためにもやめたほうがいいです。

もちろん目にも悪いですし、目元をこすることで、まつ毛のカールが崩れやすくなり、傷んでしまうかもしれません。さらにはまつ毛が抜けたり切れてしまう場合もありえます。できるだけ、目元をこすることはやめましょう。

【まつ毛用の美容液でダメージケア】

まつ毛のダメージに効果的なのはまつ毛用の美容液です。最近では色々なまつ毛美容液の種類も増えてきています。まつ毛美容液にはまつ毛を生やすためだけではなく、まつ毛を抜けにくくする成分なども含まれています。なので、まつ毛パーマ後のダメージを受けたまつ毛にもとても効果的です。

大体のまつ毛美容液は夜に一日一回使用するだけのものが多いので、お手入れも簡単です。さらにはまゆ毛にも使用できたり、マスカラ下地としても使用できるまつ毛美容液もあるので、コスパもいいですね!

製品によって先端のチップの形状が違うので、比較してみましょう。まつ毛美容液の価格帯は1000円~6000円程度で幅がありますが、試してみて自分にあったまつ毛美容液を使用することをおすすめします。まつ毛美容液についてもお肌に合う・合わないがあるので、お肌に合わない場合は使用をやめましょう。そして、まつ毛美容液を使用する際も目に入らないように目元をこすらないように注意しましょう。

【寝る時はうつ伏せNG!】

pattern_1
まつ毛パーマ後のまつ毛のもちを良くするには寝方も重要になってきます。まつ毛パーマにおすすめできない寝方は「うつ伏せ」で寝ることです。

うつ伏せで寝るということは、顔を布団につけて寝るということですよね。寝ている間は必ずと行っていいほど人間は動きます。そうすると、まつ毛と布団の間で摩擦が起こり、まつ毛が痛む可能性があります。また、顔を下につけた状態を維持することで、せっかくまつ毛パーマをかけたまつ毛の形状が悪くなってしまう場合があります。寝る時でもしっかりとまつ毛のことを意識しながら寝ることをおすすめします。

【マスカラを使う場合は“フィルムタイプ”を!】

最後にご紹介するまつ毛パーマの持ちを良くする方法は、ズバリ【フィルムタイプ】のマスカラを使うことです。

まず「フィルムタイプのマスカラって何?」と思う方も多いかもしれません。フィルムタイプのマスカラとはウォータープルーフのマスカラとは違い、お湯やぬるま湯で簡単に落とすことができるマスカラのことです。楽にマスカラをお湯で落とせることから、メイクを落とす時に他の種類のマスカラに比べて、目元をこする必要がありません。ということは、まつ毛パーマを施したまつ毛へのダメージが少なく、まつ毛のカールを維持しやすいということです。さらには、時間短縮もできることから疲れているときでも、大変のマスカラのオフが簡単になります。

最近ではいろいろな種類のフィルムタイプのマスカラも登場していて、にじみやすいというイメージがあったフィルムタイプのマスカラも、進化してにじみにくい製品も発売されています。また、まつ毛ケアができる美容液を含んでいるものもあるので、まつ毛パーマをしている方にはぴったりではないでしょうか。
次のページ>>「まつ毛パーマで女子力も気分もあげよう!」  
78 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ