ビューティー
千波の幸せ引き寄せトレーニング
01.Nov.2019

なぜ脚は太りやすいの?ダイエットのお悩みで一番多い「デブ脚」改善に必要なこと3選!

なぜ脚は太りやすいの?

こんにちは、千波です!
大人気の脚のお悩み改善シリーズを、4週に渡ってお届けしています!

第4回目の今週は、多くの人が悩む「脚痩せ」について。

女性のダイエットのお悩みで一番多いのがズバリ「脚」!

そもそも、なぜ脚は太りやすいのでしょうか?

今回のコラムでは太りやすさの原因と対処法、O脚改善のストレッチをご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

脚が太る原因はこの4つにあった!

理由1:脚が、身体の下の方の位置にあるから

動脈、静脈、リンパ管という3種類の管は身体の栄養素や酸素を含んだ血液や水分、脂肪や老廃物を運ぶ通り道です。

血液は、栄養や酸素を運びながら、心臓から動脈を流れ、静脈を通ってまた心臓に戻ります。

身体にはリンパ管があり、毛細血管の静脈側で血管に戻れなかった水分(リンパ)や消化管では脂肪の通る道になります。

そのため脚から心臓に戻るには重力に逆らう必要があり、脚の管には特に心臓に戻す力が必要ですが

筋力が弱い女性は、男性に比べて脚に滞りやすくなります。

理由2:女性の骨盤が横に広がっているから

2つめの理由は女性の体質として、仕方がない部分もあるのですが...。

女性は、大人になるにつれて、子どもを産む身体になるために、脂肪がつきやすく

子宮の壁が厚くなったりと、男性に比べて丸みを帯びてきます。

男性に比べて筋肉量が少ないことも、血液(水分)循環が滞りやすい原因で、それが太りやすい状態を招くことになります。

下半身が太くなるのには女性の骨盤が横に広い形状をしていることも関係しています。

この骨盤が歪む事がまた、下半身太りに繋がってしまうんですね。

理由3:ホルモンによる影響があるから

女性ホルモンの影響も考えられます。

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、オキシトシンという3種類のホルモンがあります。

女性には生理周期によって、ホルモンのバランスが変わります。

個人差はありますが、このホルモンの性質上から、生理前に起こる食欲増進や、浮腫みやすい、体重増加などが起こります。

理由4:上半身に比べて脂肪細胞が多く、セルライトができやすいから

下半身は、上半身と比べると脂肪細胞が多く、太りやすい状態にあるんです。

そこに血行不良などの問題が起こると、セルライトができ、さらに脂肪は燃えにくい状態になってしまいます。

なので、食事制限をしても上半身ばかりやせて下半身は太いまま。。。という方ほど、マッサージケアが重要なのです!
次のページ>>「デブ脚」を対処する方法とは...?
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ