ビューティー
千波の幸せ引き寄せトレーニング
18.Jan.2019

【脚やせマッサージ2】冷え改善のあれこれ!むくみにも効く裏ワザとこの時期オススメの脚やせマッサージ【第22回】

“冷え”を放っておくと大きな問題につながる...?!

こんにちは、千波です。
まだまだ冷え込むこの季節!
今回は「冷え改善」について知っておくべきことをお話したいと思います。
合わせて、冷えることによってむくみやすい、この時期の脚に効果的な「足首マッサージ」を動画でご紹介!

ぜひチェックしてみてくださいね。
pattern_1
冷えは美容やダイエットだけでなく、病気にもなりやすいと言われますよね。
「仕方ない」で放っておきたくない問題です。

現代人は、昔に比べると基礎体温がやや低い傾向があり、
その結果、現代病や不調が起きやすくなっていると言われています。

中でも冷え症は、肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下など、
女性が特に悩む不調の原因の一つだと言われています。

冷え改善に大事な「6つのこと」

①「3つの首を冷やさない」

「3つの首を冷やさない!」ということが最大のポイントです。
3つの首とは、「首・手首・足首」のこと。
ここを冷やさない事が大切なんです。
なぜ3つの首かというと、
1.血液を運ぶ動脈が身体の表面に出てきている場所だから
2.襟、袖、裾の隙間から冷気が侵入してくるから

首、手首、足首を手袋やマフラー、長めの靴下で防御してあげる事で、
外に出た時の体感温度は全然違うので、ぜひ外出時は3つの首を隠すようにしてくださいね!

②きちんと湯船に浸かる

面倒だから、忙しいからといってシャワーで済ませていませんか?
冷え改善には、40度程度の熱すぎない温度で、芯から温めるために長めに浸かる事が大切。

身体が温まるからというのもありますが、冷え性改善に大切なのは血行促進です。
毎日の習慣としてお風呂に浸かって身体を温めて、血行をよくしてあげましょう。

ちなみに、プラスαで身体を温める作用のあるアロマオイル(血行促進効果のあるローズマリー、ブラックペッパー、や身体を温める効果があるジンジャー、シナモン、ラベンダーなどなど...。)を入れるのもおすすめです。


地中海の海水から作られたミネラルたっぷりお塩などに精油を3〜5敵垂らして、お好みのバスソルトを作って入浴するとリラックス効果も高まります。
(ストレスがあると自律神経の働きが乱れたり、呼吸が浅くなるせいで、さらに冷えを招く原因となってしまします...!)

合わせてお風呂では、リラックスの時間を取る事もとっても大切です。

③湯たんぽや温めグッズを使う

ピンポイントで温めグッズを使ってあげるのもとっても効果的です。

鼠蹊部(そけいぶ)や膝の裏、お腹や肩甲骨の後ろなど、太めの血管が通る部位や、緊張や冷えによって凝りやすい部分を温めると血行促進効果もあり、身体が温まりやすくなりますよ。

>>次ページ まだまだある!冷えを撃退する方法とは...?

39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ