ビューティー
千波の幸せ引き寄せトレーニング
30.Nov.2018

理想の自分になるために「ブス」と「おばさん」をやめる方法【第16回】

【第16回】理想の自分を引き寄せるために「ブス」と「おばさん」をやめましょう!

こんにちは、千波です。
今日は、理想の自分を引き寄せるためのマインドのお話です!

普段、自分自身に対して「私はブスだから」「私はデブだ」とか、「もう若くないから」とか言っている方は、今日からやめましょう!
pattern_1
過去の私は、口癖のようにいつも「私はブスだから」「スタイル良くないから」
と言っていました...。

理想の自分になりたい、もっとスタイル良く、いつまでも若く美しくいたい!って思っていても
自分に自信がなかったりすると、無意識にそうやって自分にマイナスな言葉をかけてしまいます。

「私はブスだ、デブだ!」って思えば思うほど、キラキラした理想の自分とはかけ離れます

イメージしてみて欲しいのですが、「私はブスだ、デブだ!」って思えば思うほど落ち込んでしまって、表情は暗くなって、自信がなくなりませんか?

キラキラした理想の自分とはどんどんかけ離れてしまいます。

他人は細くて綺麗に見えるのに、自分に対しては厳しくなって、ちょっとしたことが許せなくて、
自分の欠点にばかり目がいってしまう。

実際にレッスンやセミナーでたくさんの女性とご縁させていただきますが、とても素敵な方なのに自分はブスだとか太いとか、年齢がもうおばさんだっていう方が多いように思います。

でも、自分がブスかどうかを決めているのは自分ですよね。

美しさの基準なんてないし、美しさは内側から溢れ出るもの、オーラだったりもします。

年齢にフォーカスしないで!

また、
「もうオバさんだから」「老けてきた」
と、年を重ねることにネガティブになっている方は、年齢にフォーカスするのはやめましょう!

世の中には、自分より年齢が上で
例えば、40代・50代・60代でもそれぞれの年代で、キラキラ輝いていて、女性としての美しさや魅力が溢れ出ている美しい方だってたくさんいます。
実年齢よりも10歳、いやそれ以上に若く見える人だっていますよね!
なので、

実年齢=見た目年齢ではないんです!

「もういい歳だから...」とか、「老けた!」って思っていると言葉や行動もそれに伴ってしまいますよ!
「アファメーション」という言葉がありますが、
セルフイメージってやっぱり大切で、内側から溢れ出る自信が若々しさや、美しさを作り出すんです。

だから、今の自分の見た目や年齢を気にしている方は
まず
「私はブスだ」「老けた」
この言葉をストップ!!

自分磨き楽しむぞ!とか、 どんどん美しい女性になろう!という言葉に変えて!

どうすればもっと美しく見えるだろう?
若く見えるだろう?
魅力的だろう?

「私はオーラが溢れる美しい女性だ!」
って考えていると振る舞いや姿勢、表情までも変化しませんか?

なので、自分磨き楽しむぞ!!とか、
どんどん美しい女性になろう!という言葉に変えて
美しくありたいとか、美しく見せるということを意識してみてください。
自分はブスだ、デブだ、って考えている時と美しく見せよう!って考えている時。

あなたはどちらの方がイキイキしているでしょう?

>>次ページ 美しく見せるためにまずすべきことは...

 
35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ