ビューティー
千波の幸せ引き寄せトレーニング
10.Jan.2020

寒いからってダラついてしまう人必見!おすすめの対処法と2分でできるガチエクササイズ♡

冬に眠くなってついダラダラしてしまう理由って...?

こんにちは、千波です!

突然ですが、「冬になるとダラダラと眠くなってしまい、何をするにも億劫...」という方はいらっしゃいませんか?

例えば、目覚まし時計をかけても二度寝してしまったり、朝がなかなか起きれなくなったり、お昼もぼーっとしてしまうなど...。

実はこれ、季節も関係しているんです。

今回は冬になると眠くなる理由とその対処法について、簡単にお話ししますね!

また、大人気シリーズ「お家でガチエクササイズシリーズ」の第3弾も動画でお届けしているので、

そちらも合わせてご覧ください♡

冬は、1年の中で最も眠くなる季節なんです!

その理由の1つは、交感神経と副交感神経の働きが原因。

交感神経と副交感神経は、お互いに影響しあって、うまくバランスをとっています。

緊張状態や、活動が活発な時は交感神経が優位。
逆にリラックス状態の時に、副交感神経が優位に働きます。

また季節的には、
・夏は副交感神経が優位
・寒い冬は交感神経が優位に働こうとするそう。

本来は交感神経が優位な冬ですが、寒い場所から暖かい部屋に移動したりすると、寒さで緊張していた身体がリラックスし、交感神経が鎮まって、副交感神経が活発になる関係で眠気が起こるんです。

仕組みを知ると、確かに...!と思いますよね!

また眠気を引き起こす原因に、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンという物質があります。

メラトニンは、暗くなると分泌が活発になり眠気を招くのですが、日照時間が短い冬はメラトニン分泌のタイミングがずれたり、過剰になったりして、眠気を起こすのだそうです。

だから、寝ても寝ても眠い理由は、病気でも怠け者になったわけでもなかったんですね。

これがひどすぎると「冬季うつ」とも呼ばれるんだとか...。
次のページ>>眠気を撃退するその対処法とは...
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ