ビューティー
モテ髪師 大悟のモテ格言

モテ髪師 大悟「結婚は3回しよう!」【第18回】

彼にプロポーズされたのに喜べない!

ぐっちょりーす、大悟です。

先日、僕のサロンに来てくれた女性がこんなことを言っていたんです。
「大好きな彼からプロポーズされたのに、本当に彼と結婚していいのか不安なんです」と。

大好きな彼と付き合えて、その彼からのプロポーズ。
それなのに幸せの瞬間を喜べないなんて!

その女性はプロポーズされたことよりも
・本当に彼と結婚してうまくいくのか?
・彼に一生添い遂げられるのか?
・彼は自分のことを一生愛してくれるのか?
今にも泣きそうな顔をしながら、僕に不安を訴えてきました。

そんな彼女に僕はこう言いました。

「結婚は3回すればいい!」

僕は結婚=就職、恋愛=家選びと同じような感覚で捉えています。

学校を卒業して一生働くつもりで就職しても、みんな転職しますよね。
気に入って住んだ家も、何年か経つと気分を変えたくて引っ越しますよね。

だから、今の時代は転職や引っ越しぐらいのライトな感覚で結婚を考えてもいいんじゃない?というのが僕の持論です。

初めての結婚でお互いがお爺さんお婆さんになるまで一緒にいることができたらベストだと思うけど、“人生でたった1回しか結婚できない”ってみんな考え過ぎていませんか?

これだけ離婚率、再婚率が上がっている現在、結婚に対して石橋を叩いて叩いて叩いて・・・と、慎重になればなるほど結婚から遠ざかってしまう。

はじめから『結婚は3回ぐらいするもの』というぐらいのスタンスでいる人から結婚して幸せになっているのが現実ですよ。

もう親や友達など、周りの人にも「私は結婚を3回すると思う」なんて公言してしまえば気が楽になるかもしれません(笑)。

変わりつつある現在の恋愛事情

サロンに来てくれるお客様の話を聞いていると、年々、年下彼氏の割合が増えているんですよ。

男性側も少し前までは自分よりも若い女性が恋愛ターゲットでしたが、年上女子の包み込んでくれる許容を求めている人が増えているような気がします。

それに最近の30代はどんどんキレイになっているから、これからはどんどん年上彼女&年下彼氏の組み合わせが増えていくでしょうね。

最近、僕が注目しているのがシングルマザーと独身男の恋愛!

彼女に出会ったときから小学生ぐらいの子供がいて、一番大変な幼少時の育児を経験せず彼女とその子供の3人で一緒に幸せになるという方法。

この組み合わせも最近は増えているように感じます。

そう考えると、“年上”だとか“シングルマザー”だとかはもうただの言い訳。

これからは女性へのニーズが多様化する時代の到来です!
男の感覚も変化し始めている今、たくさんの選択肢の中で自由な感覚を備えている人ほど恋のチャンスを掴みやすいでしょうね。
次のページ>>「キーワードは“固定概念をぶっ壊せ!”」

キーワードは“固定概念をぶっ壊せ!”

女性との会話で、バツ2の男性はダメ。とか、自分より収入の少ない男性は却下。とか、付き合う男性に対して厳しい選択肢を条件に挙げる人もいますよね。

でも、そういう条件もこれからどんどん変わってくるように感じています。

人間の感覚は7年ごとのサイクルで変化しているという話を聞いたことはありませんか?

そう考えると・・・最近トレンドのアスレジャーも、7年前は流行るなんて想像すらしていなかったですよね。

7年後はバツ4なんて言葉も普通になっているかもしれないし、婚活と言う言葉も消滅しているかも。

だから、いまある固定概念や常識にこだわって、恋愛の可能性を狭めているなんてもったいない!

早く結婚したいのに彼氏がいなくて困っています。と相談されることもあるけど、選択肢を狭めて、困ったことにしているのは自分かもしれませんよ。
では、今日のモテ格言はこちら。
『結婚へのハードルを下げてみよう』

僕はTake it easy(気楽にね!)と言う言葉が大好きです。

気楽にいれば大丈夫。毎日自分にそう言い聞かせて僕は生きています。
結婚に対して厳しく構えるより、3回ぐらい結婚するぐらいのゆるい気持ちで、ハードルを下げてみませんか? 

気楽&ポジティブに構えている女性には、婚活の神様も微笑んでくれるはずです♡

今日も僕の連載を読んでくれてありがとう。
これを読んでくれた人は、昨日よりも確実に「モテるけん、気を付けて(笑)」

モテ髪師 大悟
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ