ビューティー
モテ髪師 大悟のモテ格言
12.Apr.2018

モテ髪師 大悟「男に選ばれるワガママ3原則」【第16回】

男が喜ぶワガママとは?

ぐっちょりーす、モテ髪師 大悟です。

今回は男が喜ぶワガママについて話したいと思います。

前に女性はもっと自分の意見や願望を男性に言ってもいいという話をしましたが、
みなさん知っていますか?

度を過ぎないワガママは、ほとんどの男性にとってウエルカムだということを!

サロンに来てくれるお客様に伝授している“男が喜ぶワガママ”のことを僕は『モテ女のワガママ3原則』と呼んでいます。

この3つをうまく使いこなすことができると、男性から選ばれる立場、つまり“モテて大切にされる女”に変わると確信をしています。

では、その3つのワガママを発表します。

ワガママ3原則はこれ!

①取って
②持って
③迎えに来て

「そのスマホ取って」
「バッグを持って」
「遅くなっちゃったから迎えに来て」

日常的にできるこんなに簡単なことで、男性から愛されるなんてすごいことだと思いませんか。
信じられないかもしれませんが、その効果は本当に絶大なのです。

サロンのお客様の中に、モテ髪師の僕が見ても“この人はモテるだろうな~”という方がいました。
彼氏を別室で待たせて髪の毛をキレイにセットをし、お会計になったとき、彼女は1本のヘアオイルを買いました。

すると彼女は、オイルを受け取ると彼に向って笑顔でこう言ったのです。
「ねぇ、お願い! これ持って♡」

ヘアオイルは決して大きくも重くもない小ぶりの容器。どう見ても自分のバッグに入る大きさなのに、わざわざ彼に持ってもらうという小さなワガママ。

これですよ! これ!

ワガママ3原則の「取って」「持って」「迎えに来て」は、小さいことですが、どれも手間や時間などちょっとした労力がかかります。

「え~面倒くさいなぁ」と口では言うかもしれませんが、好きな彼女のお願いだったら絶対に聞くんです。
男は好きな女性のために、ちょっとした「労力」を使い“ありがとう♡”と言ってもらいたい。このような小さい積み重ねで自分に自信をつけ、もっとこの女性に何かをしてあげたいと思う生き物なのです。

女性のワガママを叶えたとき、そこから男性の成長が始まります。

「自信をつけさせてくれるこの女性を離したくない」と男は勝手にあなたへの愛情を深めるのですから、こんな男性心理は利用するしかないですよね。

だから、「小さなこと」から彼にお願いする練習をしてみませんか?

婚期を逃している女性の共通点

自分にもたくさん手をかけていて、キレイで性格もいいのになぜがモテない女性って周りにいませんか?

モテてもおかしくないはずなのに婚期を逃している女性に共通していることは“ワガママ”が言えないこと!

彼にワガママを言うどころか、自分が“何かをしてあげなきゃ”という気持ちが強いんでしょうね。
彼に喜んでもらいたくて自分からやったのに、“報われない”と勝手に疲れて恋を終わらせてしまうパターンが多いように思います。

自分が何かをするより、男に任せて、やってもらったほうがうまく行くんですよ!
育児でも男の子は任せた方がうまく行くって言いますよね。

任せられてできた時“俺、やっぱりできるな”という自信になる。
男に自信をつけ続けることができる人は、男性をコントロールできる人。
結局は小さいワガママをうまく使って、自分が大切にされるように男をプロデュースしていきましょう。
次のページ>>「男がドン引きするワガママはコレ!」
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ