ビューティー
モテ髪師 大悟のモテ格言
05.Jan.2019

【あのモテ格言をアンコール!】モテ髪師 大悟「モテ女の新・恋愛さしすせそ」【第24回】

「す」・・・「好きになりそうでした、いま♡」

“好きになりそうでした”と“好きです”は似ているけれど、全然違います。

“好きになりそうでした”であれば、男は警戒しませんし、こんなセリフを言われたらドキッとしますよ!

それにあなたのことをめちゃくちゃ意識してしまいます。

全く悪い気がせず、男性がちょっといいなと思っていた女性から言われたのなら、“絶対に自分を好きにさせたい”って思います。

「せ」・・・セクシーですね

セクシーという言葉は男性が女性に対して使うイメージが強いけど、男ってセクシーって言われるとめちゃくちゃ嬉しい!

所詮「カッコイイ」「ステキ」という言葉が多いからめったに言われないからね。

それに“この女性は俺のことをセクシャルな視線で見ている”というアピールでもあるから、そんなセリフ言われたら男は燃えちゃいます!

そんな恥ずかしいこと言えないという女性は、ちょっとニュアンスを変えて、
「セクシーな靴ですね」「セクシーな洋服ですね」と言ってみるのもオススメ。

男は慣れない言葉を言ってくれた女性のことを気になってしまうもの。

ここでの注意点は、1回の合コンでこのセリフは“とっておき”の男性にしか使ってはいけないということ。

この言葉を乱用してしまうと、男性から軽く見られてしまうので要注意です。

「そ」・・・そういう考えの人、好き♡

これも間接的に相手に好意を伝える方法。

直接“好き”という訳ではなく、相手の男性に
“あれ?俺のことこの子は好きなのかな?”
と思わせることができる魔法のフレーズなのです。

“俺のこと好きなのかな”と思った時点で、もう男は操られているのです。

それなのに、他の男性と仲良く話しているところを見ると“俺のことが好きなんじゃなかったの?”とジェラシーまで生まれるから、どれだけあの言葉に効力があるかわかりますよね。そうなったら恋愛イニシアチブは女性の物。

女性は自分の気持ちがバレないように、いかに言葉で男性の気持ちをコントロールできるかポイントですよ。

このセリフのアレンジバージョンとしては、
「そういう服の人、好き」
「そういう仕事している人、好き」
「そういうところ、好き」
こんな感じもいいですね。
次のページ>>絶対に言ってはいけない言葉
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ