ビューティー
人生が変わる!運命のダイエット
11.Mar.2020

顔痩せの方法を探る! 簡単エクササイズやマッサージ、顔痩せおすすめグッズなどで小顔をゲット!

顔痩せして小顔になりたい人必見! 顔太りの原因を知って、タイプ別の顔痩せ方法を実践してみましょう。自分で簡単にできる顔痩せマッサージもご紹介。日頃の生活での意識や、小顔グッズを使うなどして、毎日努力を積み重ねれば小顔は作れちゃいます♡

目次

1.顔痩せのために顔太りの原因を知ろう!

pattern_1
顔が太っている、大きく見えちゃう……。そんな悩みを解決するためには、まず自分がどんなタイプの顔太りかを知ることが必要です。
顔太りの原因を知れば、適した顔痩せ方法が見つかります! そこで、顔太りの原因となりうる4つをご紹介。自分がどのタイプなのかをチェックしてみて。

むくみタイプ

太っていないのに顔が大きく見えるのは、むくみが原因だったということがよくあります。
むくみの原因は顔中に張り巡らされたリンパの詰まりによって起こるといいます。朝起きたときに、顔全体やまぶたが腫れぼったく感じる人は、顔がむくんでいる証拠。
むくみが酷くなると、どんどん顔が大きく見えてしまう可能性があります。

凝り、ゆがみタイプ

顔の筋肉の凝りや骨のゆがみも顔が太って見えてしまう原因になります。
普段からあまり人と喋らなかったり、笑うことが少ないと筋肉を使うことが減るので凝ってしまいます。食事のときに片側だけで咀嚼していたり、噛む回数が少ないことも原因に。長時間のスマホやPCで首が凝っていたり、姿勢が悪くて前かがみなのも影響してきます。

たるみタイプ

たるみによる顔太りもあります。加齢や乾燥、筋肉が弱まったなどで、顔を引き上げる力が弱まってたるんでしまっています。たるみはほうれい線や二重あごなどが目立ち、緩んだフェイスラインに。緩んだフェイスラインは顔が太って見えてしまうのです。

脂肪タイプ

脂肪がついて顔が太ってしまっているタイプです。
顔についてしまった脂肪は落ちにくいと言われています。顔だけで太っているのではなく、全体的に脂肪が増えてしまっているケースも多め。ダイエットをしても顔が痩せにくいのは、顔の脂肪は燃焼しにくいからです。
顔の脂肪をなくしたいがために、過度なダイエットや食事制限をするとフェイスラインがスッキリするどころか頬が痩けてしまうので注意!

次のページは>>「2.タイプ別!顔痩せ方法!」

 
92 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ