ビューティー
週刊ダイエットニュース
18.Jul.2020

自分自身を「ほめ上手」になるとダイエットが成功する!過食症を克服してわかった「やせる思考術」【ダイエットこじらせさん③】

ダイエットにまつわる最新情報を選りすぐってお届けするこの連載。気持ちよく、理想的な体を手に入れるメソッドを追求します! 
今回は、数々のダイエットに挑戦しても成功したことがない「ダイエットこじらせさん」が、今度こそダイエットに成功するコツを3回に分けてご紹介。今回はそのラストです。
これまでのべ1500人以上にダイエットを指導、成功率98%を誇る伝説のダイエットコーチ・七瀬葉さんに「心の在り方」のこつを聞きました。

食事や運動よりも、ダイエットで大事なのは心の在り方

ご自身もストレスが原因の過食症を克服した経験を持つダイエットコーチの七瀬葉さん。

「ダンサーになりたくて急激なダイエットで8㎏やせたんですが、生活リズムが崩れたのと、ストレスや不安からチョコチップクッキーのファミリーサイズを一気に食べるような生活を送り、15㎏も太ってしまいました。気づけば過食症になっていたんです。このままではいけないとダイエットに励んでも、やせたり、太ったりのくり返し。そんな経験から、ダイエットに成功しないのは食事や運動が問題なのではなく、心の在り方に問題があると気付きました」

こんなご自身の経験とのべ1500人以上のダイエット指導から生み出したのが「ダイエットこじらせさん」のやせるメンタルづくり。
今回はその中から、真面目で頑張り屋だけど、自己肯定感が低めになりがちな「ダイエットこじらせさん」がダイエットに成功するコツを紹介します。

あなたも「ダイエットこじらせさん」? 診断テストはこちら!

自分の魅力を認めることがダイエット成功の近道

せっかくやせても「まだお腹はぽっこりのままです」と、自分へのダメ出しが多いのが「ダイエットこじらせさん」の特徴だとか。

「『ダイエットこじらせさん』は、自分のマイナス面ばかりに目がいってしまって、プラスの面に目が向きにくいのです。
たとえ周りから『やせたんじゃない?』と言われても、『私なんてまだ脚が太いから』と、わざわざ問題点を見つけてしまいます。こんな心の在り方を放っておくと、たとえダイエットに成功しても、そんな自分を認めることができません。
このタイプのダイエット成功への近道は、自分を認めてあげることなのです」(七瀬さん)

マイナス目にばかり目を向けてしまう心のクセを直すために、七瀬さんがおすすめしているのが、自分の魅力を書き出してみること。

まず外見の魅力を書き出すことから始めます。
「まつげが長い」「髪にツヤがある」など、ダイエットと関係なくても、小さなことでもOKです。「私なんて」と思わずに、じっくり観察して書き出してみましょう。

次に、自分から見た「私」の内面の魅力を書き出します。例えば、「ダイエットこじらせさん」の特徴である、「頑張り屋さん」「真面目」などに思いあたる人も多いでしょう。謙遜せすに思いあたることを全部書いてみます。
これを行うことで、自分自身が気づいていなかった魅力に気づくことができるのです。

次は、家族やパートナーなど、身近な人にお願いして、その人から見た「私」の魅力を挙げてもらいましょう。
他人に自分の魅力を聞くのはハードルが高いと思いますが、これにはちょっとしたコツがあります。
まず「通っている講座の宿題なの」と声をかけて、あなたから先にその人の外見と内面の魅力を伝えるのです。すると協力してもらいやすくなります。
これを行うことで、自分が知らなかった魅力をほかの人が気づいていてくれたことを知り、心が満たされることにつながります。
pattern_1
自分の中のハードルを下げるのがポイント!
次のページ>>寝る前の「ほめ日記」で、心が満たされるようになる  
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ