ビューティー
週刊ダイエットニュース
17.Oct.2020

ポンポンお腹を「たたく」だけ!下腹ぽっこりも便秘も解決する究極のラクやせ法【脂肪たたきダイエット②】

ダイエットにまつわる最新情報を選りすぐってお届けするこの連載。気持ちよく、理想的な体を手に入れるメソッドを追求します! 
今回は、「たたくだけでやせる」という、ズボラ女子の間でも話題のラクやせメソッド「脂肪たたきダイエット」を3回に分けて紹介します。第2回目は、下腹ぽっこりやずんどうウエストの悩みを解決できて、さらに快便にもなるという「お腹たたき」です。

たたく振動が全身に届いて、血行促進。脂肪がやわらかくなる!

「お腹でも脚でもサイズダウンをしたいなら、リンパの流れをよくすることが大切です」と、美脚トレーナーの久優子さん。
リンパが詰まっていると老廃物や水分がどんどんたまって、むくみで脚が太くなったり、お腹がぽっこり出てしまう原因になるそう。

「特にお腹には『腸リンパ』という、リンパが集まる大きなリンパ節があります。お腹全体をたたいて刺激することで腸リンパを刺激すると、お腹のむくみがとれて、下腹のぽっこりや、わき腹のたるみをとることができるのです。特におへその上には、腸リンパや脚のリンパから流れ込んで集まる『乳び槽』というリンパの集まるタンクのような場所があります。おへその周りをしっかり刺激することで、お腹だけでなく、脚のむくみまでとることができますよ」
さらに、腸の働きがよくなるので、便秘改善にも役立つのだとか。おなかのお肉が気になったら、トントンたたいてサイズダウンを狙いましょう!

ずんどうウエスト、ぽっこりお腹をサイズダウンする「お腹たたき」

1 ウエストの側面を押す

pattern_1
こぶしの第二関節と第三関節をウエストの側面に押し込みます。こぶしに体重をのせるようにこぶし側に上体を倒しながら、こぶしをわき腹に5秒押し込みます。3回行ったら反対側も同様に。

2 肋骨のフチをたたく

pattern_1
こぶしの小指側の側面を肋骨のきわにあてます。肋骨にそって、そのきわを左右に3ヵ所ずつ、計6ヵ所やさしくたたきましょう。3回行います。
次のページ>>3 お腹の脂肪をたたく  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ