ビューティー
週刊ダイエットニュース
04.Jul.2020

「こじらせ思考」を変えるだけ!食事制限ゼロ運動ゼロで3ヵ月で-15㎏の人も【話題の「ダイエットこじらせさん」がやせる方法①】

ダイエットにまつわる最新情報を選りすぐってお届けするこの連載。気持ちよく、理想的な体を手に入れるメソッドを追求します! 
今回は、数々のダイエットに挑戦しても成功したことがない「ダイエットこじらせさん」が、今度こそダイエットに成功するコツを3回に分けてご紹介するシリーズの1回目。
これまで1500人以上にダイエット指導をし、成功率98%を誇る伝説のダイエットコーチ・七瀬葉さんにその方法を聞きました。今年こそダイエットの負のループから抜け出して、自分に自信が持てるボディを手に入れましょう。

食事制限より運動より大事なのは「こじらせ」を解きほぐすこと

糖質制限、筋トレ、マッサージ、ずっとダイエットをしているのに何をやってもやせない……と悩んでいませんか?

「ダイエットが上手くいかない人は、ルーズで怠け者だからやせないのではなく、むしろ真面目すぎるくらいに頑張っている人が多いのです。そんな人たちを、私は親しみを込めて、『ダイエットこじらせさん』と呼んでいます」と、ダイエットコーチの七瀬葉さん。
「『ダイエットこじらせさん』が、ダイエットのスタートに必要なのは、食事制限でも運動でもありません。『こじらせ』の原因にアプローチして、それを解きほぐすことが大切です」

実際に、七瀬さんの食事指導や運動指導から始めないダイエットカウンセリングによって、40年間やせられなかった女性が3ヵ月で-15㎏を達成した例もあるのだとか。

失敗の原因がわかる「ダイエットこじらせ度」診断テスト

では、ここであなたの「ダイエットこじらせ度」をチェックしてみましょう。
以下の項目で少しでもあてはまるものに印をつけてみてください。

□人の誘いを断るのが苦手
□人に嫌なことを言われても、我慢してしまう
□大勢の中で自分の意見を通すのは苦手
□お願い下手で、つい何でも一人で頑張ってしまう
□他人の評価やどう言われているかが気になる
□他人と比べて自分のダメなところが気になる
□つい物事のマイナス面ばかりに目がいく
□自分はまだまだだな、と思うことが多い
□何事も結果が大事だと思う
□一度決めたら、やり通さないと気が済まない
□100%できなければ、0と同じだと思う
□理想や夢を尋ねられるのが苦痛
□身近な人になぜか優しくできない
□何事もポジティブにとらえなくては、と思う
□感情的になり、自分をコントロールできないことがある

いくつあてはまりましたか? 
1つ、2つあてはまっただけでも、ダイエットをこじらせる要素は十分。あてはまる項目が多いほど「ダイエットこじらせ度」は深刻だといえます。

「多くの『ダイエットこじらせさん』は、自分より他人の考えを優先しがちで、自己主張が苦手なやさしいタイプ。完璧主義で、真面目で、頑張り屋さんな分、疲れてストレスをためやすくなっているのがダイエットに成功しない原因のひとつです」

一生懸命頑張りすぎているストレスから、甘いものや食事をドカ食いして、ダイエットにまた失敗してしまうという悲しい結果に……。そうならないために、まずやるべきは食事制限や運動より思考パターンを見直すことだったんです。
次のページ>>「ニセモノのゴール」を設定していませんか?
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ