ビューティー
恋に効くヘアアレンジ
25.Jun.2019

ポニーテールのコツ♡ 前髪あり・なしや長さ別アレンジをご紹介

2.髪の長さ別ポニーテール・アレンジのやり方(セミロング、ロングなど)

ミディアムヘアとロングヘアそれぞれにおすすめのポニーテールのアレンジ術をご紹介します。ポニーテールはひとつに結ぶだけじゃなく、くるりんぱやねじり、フィッシュボーンなどアレンジを取り入れることで色んなスタイルに大変身できます。コーデやメイクに合わせてポニーテールをアレンジて、「今日は大人っぽく」「今日は可愛らしさ重視」とポニーテールの形や雰囲気の違いを楽しみましょう!

【セミロング】“なんちゃって編み込み”のポニーテール

pattern_1
編み込みのポニーテールはちょっぴり上級技…なんてことはなく、実はコレ“なんちゃって編み込み”でできているので、不器用さんでもラクラくできちゃう簡単アレンジ術なんです。三つ編みにローポニーを重ねただけで、こんなにおしゃれなポニーテールがつくれます。編み込みが難しいミディアムヘアさんも、三つ編みならしっかり結べるのでおすすめ。まるっとしたフォルムをつくるのがポイントです。
pattern_1
1.はじめに髪全体を耳上と耳下の上下に分けて、耳上の部分を三つ編みにしていきます。ここでは結ばず、クリップなどで状態をキープしておきましょう。
pattern_1
2.残しておいた耳下の髪をうなじ付近の低い位置でひとつ結びます。ここは後ほどほぐすのでゆる~く結んでおくように! 
pattern_1
3.三つ編みにした髪と下にまとめた髪をほぐして、フォルムをまとめていきます。最後に2つを重ねて結んだら完成です。

【セミロング】裏編み込みを仕込んだツイストポニー

pattern_1
ポニーテールをつくる前に裏三つ編みを仕込んでおけば、シンプルさと華やかさを両立させた大人スタイルなポニーテールがつくれます。ガーリーになりすぎないように、ボリュームを出さないのがポイント。裏編みとツイストを合わせてコンパクトにまとめることで、オフィスからパーティーシーンにも大活躍してくれます。
pattern_1
1.ハチまわりの毛で裏三つ編みをつくります。結び目がぽこっと立つようにキツめに編んで、ゴムで仮留めをします。ここでしっかりと結んでおけば、ゆるむ心配もナシ! 
pattern_1
2.髪全体を耳の高さでまとめてひとつに結びます。 ヘアゴムの飾り部分を中央にのせて、指で押さえながら巻きつけるとキレイに仕上がります。
pattern_1
3.三つ編みにした部分の髪を引き出してふんわりと仕上げたら完成です。サイドはすっきりさせたままにして、トップだけにボリュームが出るよう意識すればほど良いふんわり感が出せます。

【ロングヘア】タイトなポニーテールでモードな雰囲気に

pattern_1
ロングヘアのポニーテールはアレンジ次第で大きく雰囲気が変わるのが特徴です。こちらはチョーカーをヘアアクセに使ったタイトなポニーテール。巻くだけ簡単レシピなのにこなれ感を演出してくれます。タイトポニーはモードな印象になるので、甘めコーデを引き締め役にもぴったりです。
pattern_1
1.おくれ毛を残して、手ぐしでまとめ上げた髪を耳の高さで結びます。このとき毛先を26mmのアイロンで内側にワンカールしておくと、よりおしゃれなポニーテールに仕上がります。
pattern_1
2.毛束の結び目から中間までの上半分を往復するようにチョーカーを巻きます。チョーカーの両端は根本のゴムに入れ込んで留めておきます。
pattern_1
3.おくれ毛と前髪をアイロンで軽く内巻きにします。最後にワックスでおくれ毛に束感をつくって、ニュアンスをプラスしたら完成です。

【ロングヘア】高めポニーテールで爽やかな印象に

pattern_1
withgirlsスターメンバー 渡辺彩季さんのブログ
ポニーテールといえば、高めの位置で結ぶのがキュート♡ 高くなればなるほど元気っ子感が出てしまう…と気になる人はねじりアレンジを加えてみて。首元がすっきりして爽やかな印象で、これからの暑い季節にもぴったりです。髪をまとめるときに、いくつか毛束をねじっておけばボリューム感が出て、簡単におしゃれなポニーテールがつくれます。

1.はじめに髪全体をゆるく巻いておきます。可愛らしさ全開にしたいときは、強めに巻いてくるくる感を出しても◎!
2.顔まわりの毛とおくれ毛を残して、高めの位置でポニーテールをつくります。
3.結んだ髪から毛束を取って、結び目のゴムを隠します。
4.前髪や顔まわりの毛を巻いて、ワックスなどでニュアンスをつけたら完成です。

【ロングヘア】高すぎず低すぎずのミドルポニーが絶妙に可愛い!

pattern_1
ポニーテールのかわいらしさも大人っぽさも両方ほしい! という欲張りさんには、ミドルポニーがおすすめです。高すぎず低すぎずのポニーが絶妙な可愛さを演出してくれます。ふんわり感もあって大人っぽさも◎。ミドルポニーをつくるときは耳上ラインを意識してみて。
pattern_1
1.髪を耳上ラインの高さで結びます。高すぎると元気すぎる印象に、低すぎると立体感が出にくく落ちつきすぎてしまうので要注意! 
pattern_1
2.毛束からひと束髪をとって、結び目にぐるぐると巻きつけます。毛先をピンで留めてゴムを隠します。
pattern_1
3.トップの髪を引き出して高さを出します。このとき髪は束でとらず、細く取ってたくさん引き出すとより自然な仕上がりになります。

【ロングヘア】ラプンツェルヘアでお姫様気分に♡ 

pattern_1
withgirlsTOP12 野山千鶴さんのブログ
ポニーテールにちょっぴりアレンジを加えれば、お姫様のようなキュートなヘアスタイルが簡単につくれます。編み込みなど複雑なアレンジは一切必要ナシ! 三つ編みを重ねるだけで上級者テクに見えるラプンツェルヘアがつくれるので、アレンジが苦手な人もぜひチャレンジしてみましょう。

1.髪を3等分にして、真ん中の髪の毛をトップから三つ編みにしていきます。
2.サイドに余らせている髪を少量取ってねじってほぐします。反対側も同様に行ないます。
3.ねじった髪同士を後ろに持っていき、三つ編みの上でまとめてくるりんぱをします。
4.くるりんぱした髪をほぐしたら三つ編みの中へ入れ込んで、毛先をピンで留めておきます。
5.サイドの残った髪の毛を三つ編みにして、反対側も同様に行ないます。
6.最初につくった大きな三つ編みとサイドの髪の毛でつくった三つ編み2本の計3本を使って、再び三つ編みをつくります。ひとつに結んだら完成です。

withgirlsTOP12 野山千鶴さんのブログでは、野山さんによるラプンツェルヘアのつくり方が、動画付きで詳しく紹介されています。動画を見れば「思ったよりも簡単!?」と思えるはず。ラプンツェルヘアにチャレンジするときは、動画を見ながら真似っ子してみてくださいね♡ 
3.下ろしている髪の両サイドを取り、それぞれをねじってすべての髪と一緒に結んだら完成です。

【ロングヘア】ずらしポニーテールで洒落っ気をアピール

pattern_1
サイドポニーは幼くなってしまいがちですが、頭頂部の中央からちょっとだけ横にずらした“ずらしポニー”なら大人っぽさと可愛らしさの両方がゲットできます。正面から見たときに、毛束にカールのニュアンスが出せて洒落っ気もばっちり♡ 
pattern_1
1.手ぐしで頭頂部に髪を集めて、ひとつにまとめます。立体感を出すためにも、ザクザクと無造作に集めるのがポイントです。
pattern_1
2.結ぶ位前におくれ毛を残しておきます。このとき片側だけ少し多めに残しておきましょう。結んだあとにおくれ毛を出そうとすると形がくずれやすいので注意! 
pattern_1
3.頭頂部中央よりおくれ毛が少ない側にややずらした位置でひとつに結びます。位置はゴールデンポイントよりやや上がおすすめ。 全方位どこから見ても可愛いずらしポニーの完成です。毛束は正面からも見えるので、巻いておくのが◎! 

【ロングヘア】おしゃれ度バツグンのフィッシュボーンポニー

pattern_1
ポニーテールをまるごとフィッシュボーンにするという大胆なアレンジですが、これがおしゃれ度バツグン♡ パーティーシーンにも映える個性的なスタイルに仕上がります。髪はぴっちりまとめることで、フィッシュボーンの個性が活かされます。おしゃれな女友達と会うときの気合いコーデにぜひ取り入れてみて♡ 
pattern_1
1.髪全部をキレイにまとめ、高めの位置で結んでポニーテールをつくりいます。
2.毛束でフィッシュボーン編みして、毛先を結びます。
3.最後に前髪をカールします。前髪を少しずつとり、平巻き・縦巻きをランダムに行ないミックス巻きをしたら完成です。

次のページは>>「3.ポニーテールは前髪ありorなしで雰囲気が変わる!」

 
158 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ