ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
12.Jun.2020

メイク前に服を着ると良い理由とは?メイクのプロが教える「服とメイクのバランス」【中山友恵】

ふと目を惹くおしゃれで魅力溢れる人たちは、何が違う? その謎を解く一つのカギが、洋服とメイクのバランス。そこで今回は、実力以上の可愛さとキレイさを叶えてくれるヘア&メイクアップ アーティストの中山友恵さんが「服盛りの日」と「服抜きの日」の服とメイクのバランスのとり方を教えてくれました!

メイク前に服を着て、色の影響を考慮!

「ファンデーションを塗らない方が肌がフレッシュに見えやすいので、部分的に消す程度に。メイク前に服を着て、例えば黒は沈みがちだから血色を足そうとか、色の影響も考慮しますね」

《服盛りの日》色数を抑えながら締めるところは締める!

pattern_1

KEY ITEMS

pattern_1
【A】クレ・ド・ポー ボーテ ヴォワールコレクチュールn
【B】THREE アルカミストツイストフォーアイ X05
【C】UZU 38°C/99°F LIPSTICK -2
【D】オサジ ニュアンス ブラッシュ d01/本人私物
---1.肌補整効果のある下地Aを顔にのばす
1.肌補整効果のある下地Aを顔にのばす
---2.シャドーBを眉下まで広めに
2.シャドーBを眉下まで広めに
---3.頰骨に沿って影のように Dをのせる
3.頰骨に沿って影のように Dをのせる
---4.ブラウンリップ Cを直塗りする
4.ブラウンリップ Cを直塗りする

FINISH

pattern_1
人前に出るような仕事の日は、少しフォーマルな雰囲気の服に。トップスとパンツでベージュトーンにまとめたら、肌も少しきちんと感を出してメイクはブラウン系で。色数は抑えて引くけれど、濃淡でメリハリを出すのがカギ。
次のページ>>《服抜きの日》ラフなデニムコーデにはレンガ色リップでレディを少々
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ