ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
11.Oct.2019

【眉毛の描き方】超簡単! 自眉を活かした、今っぽ眉毛の描き方レッスン♪

Lesson3.しっかり眉毛の方におすすめの描き方

しっかり眉毛の方は、眉毛の主張をおさえるために眉の長さを短くしたり、眉頭を薄くしたりしがちですが、それは顔全体のバランスが悪くなってしまうので気をつけたいところ! 濃い眉毛を、浮きにくい自然な眉毛へと変えていきましょう。

【Before】

pattern_1

\使うのはコレ!/

pattern_1
4黒よりも自然に溶け込む2色のカーキブラウン。ブロー:パレット シール ブラウン / ストーングレイ ¥4000/シュウ ウエムラ 5弾力のある馬毛ブラシとコームのWエンド。鉄舟コレクション ブロウブラシ&コーム ¥1500/カネボウ化粧品 6眉にピタッとフィットするブラシ×ジェルで理想的な毛流れに。ブロウ セット クリア ¥2600/M・A・C

【描き方ステップ♪】

➀斜めカットブラシでしっかり色をつける
pattern_1
パウダーの色は濃いめで、ブラシは硬めをセレクトしましょう。眉頭以外の毛をなぞり、色みを眉尻までオン。


②眉についているパウダーを眉頭へ
pattern_1
①でのせたパウダーを眉ブラシでぼかしつつ、眉頭へふわっと移動。押しつけるようにするとほんのり色づいて◎。


③眉頭のフサフサ感をUPさせる
pattern_1
透明マスカラを眉頭にあて、ジグザグしながら毛を立たせる。眉尻まで同様に塗る。


④横幅を自然と出す
pattern_1
仕上げに、長めの眉尻の毛を持ち上げるように斜め上へ上へと透明マスカラを塗り完成。

【After】

pattern_1
not黒、but濃い色で全体の形をつくり、透明マスカラで調整すること! しっかり眉毛も自然になじんでふんわり可愛くなりますよ♡

【しっかり眉毛さんのポイントをおさらい!】

存在感のある眉毛は、アイブロウマスカラで眉色を明るく染めて、柔らかさと抜け感をプラスさせましょう。パウダーよりもマスカラのほうがしっかりカラーリングできるうえに、キープ力も◎! マスカラを塗布する際は、まずは毛流れに逆らうように眉尻から眉頭に向かって。そのあと眉マスカラでコーミングするように眉頭から眉尻に向かって整えるのがコツ!
\教えてくれたのは!/
ヘアメイク paku☆chanさん
こなれた印象の今どきオシャレ顔をつくるスペシャリスト。眉づくりにこだわりがあり、「アイブロウまでがアイメイク」がモットー。
次のページ>>Lesson4.【眉毛の描き方】左右非対称が悩みなんです!  
116 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ