ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
25.Sep.2019

《イガリシノブさんがBAさんに聞いてみた!》デパコスカウンターで守るべき3箇条

旬のリップやアイシャドウ、ファンデからスキンケアまで、デパコスのことはBAさんにおまかせ! 毎日たくさんの女性の肌悩みやメイクの要望に応えている、BAさんの的確なアドバイスは、「カウンターで買う」からこそ得られるもの。だから、カウンターでの「コミュ力」について、BAさんにイガリさんが突撃!

新しいメイクに挑戦したいとき、肌が変わったとき、迷わずカウンターに足を運んでみよう。自分では気づかなかった美しさを引き出す、パーソナルなメイクやスキンケアを提案してもらうコツ教えます!

\二人ともwith世代なんだって!今日はよろしくね〜/

pattern_1
(左から)
SUQQU・中川 遥さん
アルビオン・小澤莉子さん

「SNSで調べて買いに来るのは正解。今のコってそうだと思うよ〜」byイガリさん

【イガリ】 みんなコスメを買うとき、雑誌を見たりSNSで散々調べて、結構な情報量を持ってカウンターに行っていると思うの。

【小澤】 最初からこの色を試したい、とカウンターにいらっしゃる方は多いですね。

【イガリ】 ある程度、狙いをつけていかないと、どのブランドにするか決められないしね〜。ただ、自分で選んだコスメって、基本自分のセンス内。BAさんのすすめてくれたものが自分のセンス外だったら、新しい顔が発見できるかも。自分を変えたいと思っているなら、BAさんの話は聞いたほうがいいと思うな。

【中川】 イエベ、ブルベ、と自分に似合うものをわかっている方も多いのですが、顔立ちや印象で、こういった色みも合いますよ、というご提案をしています。

【イガリ】 出た! イエベ、ブルベ(笑)。でも、自分に一番似合う色を見つけるより、こんな顔にしたい、というテーマを持つべき。たとえば、最近は黒系ファッションばかりとか、堅い仕事なんですとか、自分の今の状況を伝えて、どういうメイクをするかが大切だと思う。結局、センスはトータルバランスだから。

【中川】 好きなお洋服で来てもらえると、テイストに合ったものをご提案できます。

【イガリ】 ところで、スキンケアはみんなどうやって選んでいるのかな?

【小澤】 SNSの影響で、指名買いもさらに増えました。今の肌状態や気になっていることをうかがって、最適なケアをご提案していますが、その際、使い方なども一緒に確認させていただきながら、自宅でのお手入れもアドバイスしています。

【イガリ】 デパコスはシリーズがそろっているし、ラインで使えるのがいいよね。

【中川】 ぜひ、気軽にお立ち寄りください。

結論! カウンターへ行くなら、この3箇条を守るべし

---【1.何がお目当てか伝えるべし】
【1.何がお目当てか伝えるべし】 「今はネット社会だから、ほしいものは目星をつけていかなくちゃ」(イガリさん)、「SNSで話題になった製品は指名買いされる方が多く、リップは2~4本ほど吟味して試されています。スキンケアに迷っている方には、肌の土台をつくるクレンジングの重要性をお伝えすると、とても関心を持っていただけます」(中川さん)
---【2.肌と好みの自己紹介はマスト】
【2.肌と好みの自己紹介はマスト】 「BAさんに相談するときは、どういうメイクがしたいか、肌状態をきちんと伝えて。だって初めましてだもん」(イガリさん)、「肌悩みはもちろん、ライフスタイルやお好みの感触などもお聞かせください。お客さまに合うものをご紹介しています。サンプルからのお試しもできます」(小澤さん)
---【3.「オススメ」は新しい自分への扉!】
【3.「オススメ」は新しい自分への扉!】 「自分のセンス外を攻めてくれる、BAさんのおすすめを使うと、新しい顔を発見できるよ」(イガリさん)、「本当はピンクのリップがつけたいけれど、大人はもうNG?と思っている方でも、使い方や発色の違いでベストなものをご提案できると思っています。気になることは、どんどん相談してください」(中川さん)

今注目のデパコスをチェック!

撮影/田上浩一(モデル、対談)、恩田亮一(商品) ヘア&メイク/イガリシノブ(BEAUTRIUM) スタイリスト/石川美久 モデル/佐野ひなこ 取材・文/寺田奈巳
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2019年10月号発売時点のものです。
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ