ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
28.Mar.2020

【イガリシノブ】「眉と肌のツヤ」が令和メイクのカギ! 《令和女子メイク論》

数々のブームを巻き起こし続ける、大人気ヘアメイクのイガリシノブさん。そんな時代をリードする人が今、令和を生きる女子に向けてメイクを通して伝えたいこと。そして、これからのキレイについてお告げを少し。

令和女子よ! 「眉肌のツヤ」だけは手を抜くな

なんで「眉と肌のツヤ」なの?

この2ヵ所がキレイならアイシャドウもチークも不要だから!

「コンプレックスを味方に、メイクで自分を表現しようよ!」byイガリさん

今ってさ、メイク=コンプレックスを隠すものって考え方から少し離れてきてると思うの。そういう時代じゃないよね。隠しすぎると「こんな自分がいたんだ!」って気づけないし、ガチガチの肌やメイクっていつの間にかそれが鎧みたいになって、キモチとメイクもアンバランスになって疲れちゃう時があると思うの。しかも、がっつりカバーした肌にすると、ポイントメイクだってどんどん重ねないとミスマッチになっちゃう。だから、“コンプレックスは味方”くらいに考えて、もっとマインド寄りにメイクしてもいいじゃん! 今日の自分の気持ちやテンションに寄り添って、もっと自分を出してこーよ!! ってお伝えしたいのです。

今回大事なポイントとして“眉”と“肌のツヤ”をピックアップしたのは、この2ヵ所が今っぽく整っていればアイシャドウもチークもいらないぐらい、キレイ見えしちゃうから。あ、でもリップはもちろん塗った方が可愛いよ。華やかになるし、血色感も高まるし。でもさ、ただ塗るだけでいいし、もうみんな出来ることだと思ってるから、前者2つにフォーカスしました。しかも、この2つはただ塗るだけってわけにはいかない、少しのテクとバランスが重要なパーツ。

「ベースメイクの主役は、印象を作りだす下地。ファンデは色みを補正するもの!」byイガリさん

まず肌に関してお伝えしたいのは、隠すことじゃなくて印象をコントロールする“ツヤ”! ベースメイクの主役は、もうファンデーションじゃなくて下地だと思った方がイイかも。ざっくり言うと肌の印象を作るのが下地、色みをキレイにするのがファンデーションだということを忘れないでね!!

「眉は気分を表すパーツ。だからみんなもっとマインド寄りのメイクをしよ !!」byイガリさん

眉で大事なのは、シチュエーション。お仕事なのかお休みなのか、気分を表す部分だと思うと、よりマインド寄りにメイクが楽しめるはずです。

しかも、この眉と肌がキレイだとね、良い香りが漂ってきそうな女子になれます♡ 髪の毛がキレイだと、より美しい印象になれるのと同じくらいに!! みんな、もっと自分がアガるメイクしよ〜♪

\この顔が、 令和時代の NEW BASIC!/

pattern_1
モデル/小倉優香 ヘア&メイク/イガリシノブ(BEAUTRIUM) 撮影/花村克彦(モデル)、伊藤泰寛(商品) スタイリスト/石川美久 取材・文/森山和子 構成/森谷香菜 デザイン/フォルム

●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2020年5月号発売時点のものです。
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ