ビューティー
恋が生まれるメイクの教え

一つ結びがおばさんっぽくならない極意3選を朝日光輝さんが直伝!

髪をパパっと束ねれば出来ちゃう、かんたんシンプルなひとつ結び。
でも、シンプルなだけに意外とテクニックが必要…。下手をすると疲れ感が増したり、もっと言うとおばさん臭くなっちゃう…。
そんなひとつ結びだけど、実はおくれ毛のニュアンス出しと、ゴムを隠すときのピンの留め方さえマスターすればOKなんです!
ひとつ結びでもおばさんっぽくならない極意を、人気ヘアメイクアーティストの朝日光輝さんにうかがいました♥

【ひとつ結びの極意1】ほどよいおくれ毛がわからない

「おくれ毛の正しいバランスがわからない」「出しても疲れた人にしか見えない」と悩む人必見。ひとつ結びの場合は、ズバリ、もみあげの髪を出すのが正解です!
pattern_1


少量のおくれ毛にワックスで動きをプラス

ひとつ結びは耳前の髪を少しだけ残すと好バランス。極少量のワックスを指先につけてからねじれば、動きのあるゆるいニュアンスが簡単に出せる。
pattern_1


【ひとつ結びの極意2】ゴムがうまく隠せない

こなれ感を出そうとして、結び目のゴムに毛束を巻きつけたはいいけど、うまく隠せていない! 「隠すための毛束の量が多すぎ。これじゃピンも留まらないよ!」と朝日さん。
pattern_1


“細い毛束”で“巻き終わりが下”になるように!

巻きつける毛束が太すぎると、途中で髪がすべってゴムからずれることも。毛量が多いとピンで留めるのも一苦労なので、毛束は少量でOK。巻き終わりが、ひとつ結びの下側に来るように髪を取るのもポイント。
pattern_1


【ひとつ結びの極意3】毛束の最後のピン留めがわからない

毛束でゴムを隠しても、逆にピンが丸見えという人多数。ピンを結び目の下に留めれば、緩みにくく、仕上がりのクオリティは格段にアップ。このワザ、覚えておいて損はナシ!
pattern_1
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ