ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
15.Apr.2020

加治ひとみ「ウエストとお尻さえ鍛えれば、ほかの緩みはむしろ女性らしさという武器に」【キレイな人の一点集中Beauty】

あれもこれも隙間なく磨き上げようとする“全部盛り美容”は疲れちゃうし今っぽくない。キレイな人ほど自分に効くこと、心地良いことに的を絞った一点盛り美容法をしっているもの。無理をしすぎず、たった一点頑張ればキレイは叶うんです。

そこで今回は、奇跡の30歳として話題! 加治ひとみさんに一点集中Beautyを教えてもらいました!

ひとみの一点集中:ウエストとお尻さえ鍛えれば、ほかの緩みはむしろ女性らしさという武器になる

私が意識的に鍛えているのはウエストとヒップだけ。キレイなくびれがあってウエストからヒップにかけてのラインが整っていれば、例えば二の腕が少しプニってしたり、太ももがむっちりしていても全然問題ない! 

むしろその「緩み」が女性らしさという武器になって、魅力的な体になると思うから。全部ムキムキするより、一部分がキュッとしていて、それ以外は少し肉感があるほうが魅力的な体だと思っています。

月1のジムではトレーナーさんと全身を鍛えるんですけど、ウエストとヒップのトレーニングは自宅で毎日。やらなきゃ! じゃなく、やると心地いいっていうくらいが理想です。

こうしてルーティーンにしつつ、根を詰めすぎないことを大切にしています。
pattern_1
[加治ひとみ]全てスタイリスト私物

家ではゆる~ い気持ちで。たまにジムに行ったときは本気でやります( 笑)!

「開脚して脇を伸ばすストレッチで、しなやかなウエストラインを。プランクは体幹を鍛えるためにも効果的。ヒップを鍛えるためにはお尻上げエクササイズを。鍛えなきゃ! じゃなく、リラックスした気持ちでやるのが理想」

1.脇をぐーっと伸ばすストレッチ

pattern_1

2.体幹に効くプランク

pattern_1

3.お尻を上げてヒップを鍛える

pattern_1

Profile

1987年生まれ。アーティスト・モデル。奇跡の30歳として話題に。しなやかで美しいボディラインは女性の憧れとして様々なメディアに取り上げられている。
撮影/岡本俊(まきうらオフィス)、武藤誠(静物) ヘア&メイク/青山理恵(加治さん/super continental,nude,) スタイリスト/石川美久 文/通山奈津子
●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2020年5月号発売時点のものです。
 
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ