ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
12.Apr.2020

【齋藤薫】自分向けコスメの選び方講座♡私って何を使えばキレイになる?

今までの固定観念や画一的なトレンドから解放された反面、何を選べばいいかという新たな迷いが。そこで、美容ジャーナリストの齋藤さんが人生の先輩として、美容界随一の審美眼をもつプロとして、コスメ選びの指標を教えてくれました。

Q .自分に合うコスメってどう選ぶの?

A.私たちはみんなプロトタイプ。だからどれを選んでも正解!

「今は多様化の時代。美しさにもいろんなタイプがあり、ひとりひとりが自分のキレイを確立していく時代だと思います」と齋藤さん。

自由なぶん、拠り所となる定義がなく、不安な気持ちになるが、「美容って、皆さんが考えている以上に進化していて、絶対にキレイをとりこぼさないようになっています。だから、今はいちばんピンときたことに身を委ねれば、なんとかしてもらえる。感覚や価値観に任せてのっかるだけで、いいんです」

そこで齋藤さんがwith世代に向けた最新トピックを厳選。すべてを取り入れる必要はなく、自分の気持ちにフィットするものを選べばOK。

「美容情報もコスメも溢れている今、溺れかけてちょっとくたびれている女性が多い。そんな美容疲れをした人の受け皿になるのがアスレティアのような力を抜いたケアを提案するブランドA)。ボディコンシャス、ヘルシーといった要素を含み、全速力で走ってきた人たちがスピードを緩めるのにちょうどよく、象徴的だと思います。

その対極にあるのが、肌の表面に人工皮膚膜をつくり、一晩で毛穴が縮むほどの肌質改善を叶えるエストに代表される最先端テクノロジー系B)。コスメの未来形であり、"もっと攻めてキレイになりたい"という人向けです。いずれにしろ、コスメの先進性で行き着いているので、どちらを選んでもラクにキレイになれるのです。

さらに、HAKUの"ファンデだけど美容液"というように、コスメのカテゴリーがボーダレス化。先進的なハイブリッド系が増え、無駄なく簡潔に、最大限のキレイが目指せるC)時代になり、オールインワンも時短のためというよりは、TSUDA COSMETICSのように肌トラブルを治療してくれるのにファンデ、みたいな頭のいい1ステップケアが登場。今までの化粧水、美容液、乳液、クリームの流れがなくてもよくなるなど、スキンケアのシステム編成が変わってきています」

[A]美容疲れに優しい脱力系ブランド

女性を解放する"Ku Too運動"

「世界的な〝Me Too運動〞や、日本発の職場でのハイヒール強制への抵抗運動"Ku Too運動"などで、多くの女性がようやく性差別に対して声を上げ始めた昨今。"美しくなければならない"という強迫観念から懸命に美容をしてきた女性が美容疲れを感じているリアルとリンクして、女性を解放してあげたいというメッセージをもった美容が登場しています」(齋藤さん)
pattern_1
肌を休ませてあげるセルヴォーク
休息不足な肌に着目した穏やかなケア。
【a】レステッドスキン ローション 120㎖ ¥4200

アスレティアが叶える、肌、体、心の充実
アスレティアは洗顔後にオイル→化粧水で完結。ジム通いも意識したアクティブに動き回るためのデイケアやプライベートの時間を充実させるための香りを揃える。
【b】active & go
アスレティア スキンプロテクション UVジェル 50 SPF50+・PA++++ 50g ¥4000、
【c】tune & charge
同 コアバランス オイル 50㎖¥5500、
【d】breathe & sleep
同 スイッチング アロマルームミスト 100㎖ 全3種 ¥2500
次のページ>>[B]攻めの最先端でラクしてキレイ  
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ