ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
16.Dec.2020

《小林由依》オンライン飲みは赤リップ×キラキラで盛ったもん勝ち!

withマスクが当たり前になり、ビューティ事情も様変わりした2020年。でも決してマイナスなことばかりじゃなく、そこには胸をときめかせる新たな発見もあったはず。そう、今年わたしたちが身につけたのは“前を向く力をくれる”メイク。その気づきを大切にして、2021年、もっと素敵になるために――。小林由依がおくる、特別な12月の日々。

《day4》今だけのオンラインカウントダウンで、思いっきりはじけちゃおう!

pattern_1
【1】空気のように唇を彩る極上の軽やかマット
画面映え間違いなしのディープレッド。唇に"ほわっ"と息づいて、時間が経っても乾かずしなやかなまま。エアーマット リップカラー 00049¥3500/ナーズ ジャパン

【2】無垢なダイヤモンドの輝きをイメージ
唇をケアするオリーブオイルやイチジクエキス、保湿成分をたっぷりと。シャイニッシモ ハイシャインリップラッカー 10 ¥4300/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ

【3】クラッチバッグみたいな見た目も映える!
シャドウとチーク、ハイライトの贅沢パレット。今回はピンクチークも目もとに使用。パレット ドレスミー ワイルド ¥13000(限定品)/イヴ・サンローラン・ボーテ

【4】瞳をクリアに魅せるグリーンニュアンス
柔らかく描きやすいのにひとたび乾けばピタッと定着。ケイト レアフィットジェルペンシル(T) EX-103 ¥1100(編集部調べ/限定発売中)/カネボウ化粧品

【5】絶え間なくキラめく指先のドレスを
シャイニーなホットピンク。単色塗りでもみんなの視線を集める主役カラー。ヴェルニディオリフィック 649 ¥3200(限定品)/パルファン・クリスチャン・ディオール

MAKE-UP TIPS

マットなレッドリップ(1)は、唇全体に“置きのせ”して鮮やかに発色させる。パーリィホワイトのグロス(2)は唇の中央のみに重ねて。目もとにはゴールドピーチ(3上段・右から2 番目)をアイホールと下まぶたに。さらにくぼみに沿ってスモーキーピンク(3下段・右から2 番目)を重ね、コッパー(3下段・左から2 番目)で上の目のキワをライン状にマーク。カーキのライナー(4)で目尻をさりげに延長して。

Finish

顔がボヤッとしがちなオンラインでは、リップを盛ったもん勝ち! 逆に新鮮な王道の赤にダズリングなラメをたーっぷり重ねると、ホリデーっぽい華やかさが♡ 目もともキラキラさせるからチークレスが好バランス。画面を通しても記憶に残る表情に……。
pattern_1
[小林由依(櫻坂46)]ブラウス¥48000/メランポ、スウェット¥36000/チャンス(ともにH3O ファッションビュロー) ネックレス/スタイリスト私物

続きは、with1月号でお楽しみください♥

こちらの記事もオススメ!

pattern_1
撮影/岡田雷平(モデル) 久々江満(静物) メイク/有泉志乃(Y'sC)ヘア/大城祐樹(AVGVST) スタイリスト/黒崎彩(Linx) モデル/小林由依(櫻坂46) 構成・文/小川由紀子
●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2021年1月号発売時点のものです。
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ