ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
19.Jul.2019

【化粧水】プチプラからデパコスまで!おすすめ10選♡ 毛穴、ニキビ、美白etc.肌悩み改善におすすめな化粧水、正しい使い方もご紹介!

pattern_1
化粧水は正しい使い方をマスターしてこそ、美容効果が発揮されます。肌悩みを考慮した上で、自分好みの化粧水に出会うこと。そしてその化粧水を上手に使うことで、美肌効果がぐんとUPします。本記事では、おすすめの化粧水や化粧水の効果を高めるコツをご紹介します♡

【目次】

1. 化粧水を選ぶときの基準は「好み&しっとり感」

pattern_1
化粧水を選ぶとき、どんなポイントを基準に置いていますか? それぞれの効能を見ても、どの化粧水が自分の肌に合うのかいまいちピンと来ないこともありますよね。化粧水は肌に直接つけるものなので、自分の好みに合っていて使いやすいものを選ぶのが基本。美肌をキープするための化粧水なので、うるおい成分が入っていることもマストです!

そもそも化粧水ってどうして必要なの?

化粧水は、「肌の水分を補給するために必要」というイメージを持つ人も多いですが、そもそも化粧水は必要なのでしょうか? 肌の水分は体内から生成される水分であり、化粧水の水分自体が直接肌のうるおいに効果があるというわけではありません。

とはいえ、肌の表面の環境を整えることも重要です。「化粧水はお手入れのファーストステップ。洗顔後の敏感な肌を鎮めて、美容液やクリームなどの栄養が届きやすい状態にならします」と美容家の水井真理子さん。化粧水には、そのあとのスキンケアをなじませやすくする効果があります。化粧水は肌を整えるために必要と考えておいて良いでしょう。

テクスチャーやにおいを確かめて好みに合ったものを選ぶ

化粧水選びで大切なポイントの一つは「使用感」。化粧水によってはサラサラとした質感のタイプもあれば、とろとろの質感タイプもあります。肌に合う・合わないはもちろん、肌に塗ったときに違和感があると、せっかく購入したのに使わずじまいなんてことに…。毎日顔につけるものなので、なるべくお店にあるテスターやサンプルを使用して、「使用後も肌なじみが良いか」「使用感は問題ないか」をチェックしておきましょう! 

化粧水を選ぶときはテクスチャーや化粧水のにおいを確かめてから購入するのがおすすめです。テクスチャーにこだわることで、化粧水後のメイクもちや美容液ののりやすさが格段に変わります。いつも使用しているコスメやスキンケアとの相性もあるので、サンプルを使用するときは合わせてチェックしてみましょう。においも視床下部へと届いて、ホルモンの分泌に大きく関係します。好みの香りでホルモン分泌を活性化させましょう! 
次のページ>>「2.【化粧水おすすめ10選】プチプラからデパコスまで♡ ハトムギ化粧水、無印、SK-Ⅱなど」  
147 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ