ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
05.Jul.2019

【奥二重メイクの仕方】初心者でも簡単にできる♡ おすすめのアイシャドウ、アイライン、色などもご紹介

withgirlsエディター 浅野彩奈さんのブログ
奥二重さんには奥二重さん向けのメイクがあるって知っていましたか?「なぜかメイクが映えない…」と思っている人は、いつものメイクが奥二重に合っていないだけかもしれません。奥二重さん向けのメイクの仕方や、悩み改善ポイントを押さえたコスメ選びをマスターするだけで、もっとメイクが楽しくなるはず♡ 奥二重特有のぽってりまぶたの印象は、メイクテクで解決しちゃいましょう! 

目次

1.【奥二重さん向けのメイクの仕方】メイク映えしないと悩む前にチェック!

奥二重さんの目は厚みのあるまぶたと、隠れやすい二重ラインが特徴。二重さんと同じようにアイメイクをしても「アイシャドウが隠れて見えない」「アイラインが上手く引けない」「マスカラをしてもまつげが下がってきてしまう」などの“奥二重あるある”に悩んできた人も多いのではないでしょうか? 改善ポイントは1つ。奥二重向けのメイクテクニックをマスターすることです。“奥二重はメイク映えがしにくい”と諦める前に、まずは奥二重の目の特徴に合わせたアイメイクにチャレンジしましょう!

\アイシャドウは淡いブラウンがおすすめ/

withgirlsエディター 浅野彩奈さんのブログ
アイシャドウをのせると、腫れぼったい印象になるのも奥二重さんの特徴。特に深めのカラーシャドウは、より目を小さく見せてしまうこともあります。奥二重さん特有のまぶたの立体感やほんのり見える二重ラインを活かすためにも、目元に彫りをつくることが大切です。

奥二重さんにおすすめのアイシャドウは、薄いブラウンカラー。ブラウン系のアイシャドウはナチュラルメイクの大定番ですが、黄みのある日本人の肌との相性も良く、目元に自然な陰影や彫りをつくることができます。目元に彫りができるだけで目が大きく見えて、顔立ちまで変わりますよ! ブラウン系のアイシャドウを使うときは、まず薄いブラウンをアイホール全体にのせます。次に中間色を二重幅より少し広めにのせ、最後に一番濃いブラウンを目のキワ・目尻側にのせてグラデーションをつくります。薄い色から濃い色を重ねていくと、陰影がキレイにつくれます。また、濃い色のアイシャドウで二重の幅を消さないようにすれば、デカ目効果がゲットできます! 

奥二重さんの場合、目の範囲を大きく見せるため、アイシャドウはまぶたの上下にのせることが鉄則です。もう少し立体感が欲しいときは、最後にツヤ感のあるアイシャドウをのせると◎! パウダータイプならふんわりやさしい印象に、クリームタイプなら濡れたようなツヤ感が演出できます。

\アイシャドウベースでヨレ防止!/

ラスティングマルチアイベース WP ¥500/キャンメイク
with girlsエディター 君嶋真弓さんのブログ
奥二重さんの中には、「すぐにアイシャドウがヨレてしまう」とお悩みの方も多いはず。アイシャドウがヨレやすいのは、奥二重の線にアイシャドウが溜まってしまうのが原因です。アイシャドウが崩れやすい人は、アイシャドウベースを取り入れてみましょう。

withgirlsエディター 君嶋真弓さんのブログでは、『キャンメイク』のアイシャドウベースが紹介されています。まぶたにしっかりと密着し、アイシャドウのにじみやヨレを防止してくれる上、発色力もUP! ラメ・パールなしで、アイシャドウの色味を邪魔しないのもうれしい♡ ウォータープルーフなので、これからの季節にもぴったりです。現行のものはパッケージが変わっているので注意!

\ハイライトで目元をスッキリ見せる/

withgirlsエディター 湯川祥子さんのブログ 
奥二重さんのぽってりまぶたをスッキリ見せるためには、ハイライトが必須です。ハイライトをいれることで、まぶたの厚みが少なく見えて、メリハリのある目元に仕上がります。ハイライトにはアイボリーカラーやシャンパンゴールドなど、肌なじみの良いものを選びましょう。

ハイライトはTゾーンに加え、眉頭と眉尻にオンすると目元がスッキリとして見えます。合わせてノーズシャドウを入れると、より顔立ちにメリハリがプラスできますよ。

\アイラインは細く、たれ目がちに引くこと/

pattern_1
アイラインは細く引くようにしましょう。アイラインを太く引いてしまうと二重幅が埋もれてしまい、目を大きく見せるつもりが逆により小さく見せてしまう原因となります。目を大きく強調させたいときは、黒目の上下だけ太めに引くと目の縦幅が広く見えて、デカ目効果が得られます。目の下にラインを引くときも濃くしないこと。引いたあとにぼかすか、ブラウンを使用するなど、自然さを出すのがポイントです。また、アイラインを引くときは一気に引かず、上まぶたを持ち上げてキワに少しずつラインを入れていき、目の中央から目尻を中心に引きましょう。

奥二重さんは目尻だけ二重になっているので、つり目に見えてしまいがち。アイラインを跳ね上げると、さらにキツい印象となってしまいます。目尻はたれ目になるよう下げてあげると、つり目がやわらかく見え、やさしい印象に仕上がりますよ。

\涙袋は大きくつくりすぎない!/

pattern_1
withgirls エディター 土井菜月さんのブログ
涙袋をぷっくりさせると印象的な目元になりますが、やり過ぎは逆効果となってしまいます。奥二重さんの場合、がっつりラインを描き足すのではなく、アイボリー系のアイシャドウをのせる程度でOKです。アイシャドウパレットに入っているハイライトカラーでカバーするのも良いですが、専用アイテムを使うとよりキレイに自然なぷっくり涙袋が演出できます。

『エチュードハウス』の人気アイテム「ティアーアイライナー」は、うるんとした涙袋を演出する専用アイライナーです。キラキラパール入りですが、肌色に合わせてカラーを選べば自然な輝きと立体感をつくれます。ほど良い涙袋が上手につくれないという人はぜひ専用アイテムを取り入れてみて!

\扇状のまつげでぱっちりアイに♡/

pattern_1
奥二重さんのまつげはまぶたに埋もれて見えにくいので、存在感をアピールするためにも1本1本セパレートに塗ることが大切です。扇状に広げていけば、目の縦幅をしっかり強調できて印象的な目元に♡ ビューラーでまつげを上げ、指でなぞるように広げてからマスカラをオン。根元はたっぷりめに、毛先は軽めにマスカラを塗るとまつげが扇状に広がりやすくなります。
pattern_1
アイプチ® フィットカーラー ¥1500/イミュ
また、奥二重さんが気をつけておきたいのが、ビューラーの使い方です。一般的には根元からしっかり立ち上げることが多いですが、根元だけでは重いまぶたに負けてしまいすぐにまつげが下がってしまいます。ビューラーをするときはまつげ中間をやや強めにカールさせて、中間~先をしっかり上向きにさせておきましょう。

「まつげの立ち上がりが悪い」「まつげが埋まっていてうまくつかめない」という人は、ビューラーにもこだわってみてはいかが?『イミュ』のビューラーなら、腫れぼったいまぶたからもしっかりとまつげをキャッチして、美しいカールがつくれると美容のプロたちからも大絶賛♡ マスカラだけで解決しないまつげ悩みは、ビューラーから見直してみて!

\ダブルラインで二重ラインをアピール/

withgirlsエディター 浅野彩奈さんのブログ
奥二重の目を大きく見せるには、ダブルラインを引くのも効果的です。奥二重さんには二重ラインがありますが、まぶたの厚みやその日のコンディションによって隠れてしまう人も多いはず。ダブルラインを引いてしっかりとアピールすれば、目元もスッキリとして幅広く見え、デカ目効果に繋がります。

ダブルラインの引き方は簡単。ダブルライン用のアイライナーで二重ラインを上書き&描き足せばOKです。目尻側をラインをのばすように描けば、ぱっちり二重に見えやすくておすすめ♡ 

\カラーメイクはマスカラで取り入れると◎/

withgirlsレギュラーメンバー Reina♡さんのブログ
奥二重さんのまぶたはカラーシャドウをのせると腫れぼったく見えることが多く、なかなかカラーメイクにチャレンジできなかったという人も多いでしょう。カラーメイクを楽しみたいというときは、マスカラで遊ぶのがおすすめです。まぶたを軽く見せながら、カラーマスカラで色味をプラスすれば、スッキリしつつも華やかなメイクに仕上がります。マスカラ以外ならアイライナーもおすすめ。カラーライナーを目尻にだけオンすれば、パンチの効いたアクセントになります。アイシャドウで遊ぶのに抵抗がある人は、ぜひマスカラやアイライナーでカラーメイクを楽しんでみましょう♡

次のページは>>「2.【奥二重さん必見♡】アイシャドウ、アイライナー、マスカラ|おすすめメイクアイテムをご紹介」

107 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ