ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
08.Apr.2019

化粧下地のおすすめ!日焼け止め、保湿、毛穴、色など肌の悩みに合わせて選びたい

3. 化粧下地の色「コントロールカラー」はどう選べばいいの?

pattern_1
化粧下地には色がついているものがたくさんありますよね。これはコントロールカラーといって、肌の悩み別に使い分けることでよりキレイなベースメイクを作り上げることができるもの。肌悩み別におすすめのコントロールカラーをチェックしておきましょう。

肌の赤みは【グリーンのコントロールカラー】

肌の赤みを抑える効果が高いのはグリーンのコントロールカラーです。顔が赤くなりやすい人や、ニキビ、ニキビ跡といったものをカバーしたい人におすすめの色です。

肌のくすみは【イエローのコントロールカラー】

肌のくすみが気になるときはイエローのコントロールカラーがおすすめ。シミやそばかすをカバーしたいときに使ってみましょう! 肌の色ムラを補正したいときにもぴったり。小鼻の軽い赤みもイエローが抑えてくれますよ。

血色が悪い人は【ピンクのコントロールカラー】

ピンクのコントロールカラーは肌を血色感あるものに仕上げてくれる効果があります。顔が青白くて健康的に見えないなら、ピンクの下地を使うと血色感のある健康的な肌に見せてくれます。

肌の透明感を出したい人は【ブルー・パープルのコントロールカラー】

透明感が欲しいときはブルーやパープルのコントロールカラーがおすすめです。
ブルーは黄くすみに効果的ですが、顔全体に塗ると顔色が悪く見えてしまうので部分使いするのがおすすめ。パープルは肌を明るく見せてくれます。ハイライトとしても使えちゃいます♡

次のページは>>「化粧下地の正しい塗り方を覚えよう!」

 
137 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ