ビューティー
恋が生まれるメイクの教え

知らなきゃ損する!? アラサーが今やるべき「5つのスキンケア」 をプロが提言

肌を見るだけでその人のスキンケア習慣を見抜いてしまうと噂の水井真理子さん。その肌診断の様子を解説つきで実況中継。そこには自分の肌と向き合い、労い、慈しむヒントがいっぱい!

Profile「水井真理子」

長年、女性の肌に触れてきた経験をいかしたパーソナルな肌診断が評判。ケア法の提案だけでなく、ライフスタイルやマインドの持ち方にも触れたカウンセリングは、美容界にもファン多数。

アラサーがやるべきスキンケアをズバッと提言!

水井真理子さんによる肌セラピー

「長年、女性の肌を見てきた経験をもとに、肌色や質感、感触などで肌状態を見ています」と水井さん。その具体的な肌診断の方法を徹底的に解説します!
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
【①油分を省きがち問題】
水井さんの経験上、スキンケアを化粧水だけで済ませてしまう人が27歳前後にも意外と多いのだとか。油分を補わなせいで潤いが逃げてしまっているため、カサッとハリのない肌状態になりやすい。

【②目元老け】
パソコンやスマホで目を酷使しているのに加え、メイクやクレンジングの際の摩擦もあって、現代女性の目元はくすみやクマ、小ジワなどができやすい状態に。

【③くすみとゴワつきの関係】
20代後半は、ターンオーバーに遅れが出始める頃。27歳前後で初めて肌のくすみを感じたという人も多いよう。不要な角質がたまるとゴワつきも感じるようになり、化粧水が入りにくいなどの弊害も。

《色でわかるくすみの原因》

「黒ぐすみ」➡ターンオーバーの乱れによる角質肥厚が原因。角質ケア+入浴で代謝アップを。
「青ぐすみ」➡冷えや血行不良が原因。スチーマーで肌を温めるなど、血行促進を心がけよう。
「茶ぐすみ」➡お疲れ気味。アロマオイルなどで疲れを癒やしたりストレス解消するのが先決。
「黄ぐすみ」➡糖化や栄養不足の疑いが。甘いものを控え、ブライトニングケアを取り入れて。
次のページ>>アラサーがやるべきスキンケアとは…?  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ