ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
04.Sep.2019

【コントロールカラー】赤み、くすみに合う色は? 色別の使い方とおすすめアイテムをご紹介!

コントロールカラーは、おもに肌の“色”に関するお悩みを解決してくれる優れもの。使ったことがない人も、すでに使っている人も、上手に活用しない手はありません。本記事では、自分に合ったコントロールカラーの選び方、色別のおすすめアイテムなどをご紹介します。コントロールカラーを取り入れたいと思っている人や、毎日のベースメイクがしっくりこないと悩んでいる人は必見です!

目次

1.コントロールカラーとは?

pattern_1
コントロールカラーは、血色の悪い肌、くすみ、クマ、そばかすなどの肌の悩みに合わせて使い分けて、肌の色を補正、調整するメイクアップアイテムです。

化粧下地のあとに使用するのが一般的。「化粧下地と何が違うの?」と思われがちですが、化粧下地ファンデーションのノリをよくするためもの。コントロールカラーとはそもそも役割が違うんです。

ただし、最近は化粧下地にもなるコントロールカラーやコンシーラー型のコンロトールカラーなど、いろいろな種類のものが出てきています。どんどん進化しているので、自分の肌をワンランクアップさせてくれるものがきっと見つかるはず!
次のページ>>「2.肌の悩みを一挙解決!コントロールカラーの魅力」
106 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ