ビューティー
恋が生まれるメイクの教え
19.Mar.2017

メイクで今ドキ「大人っぽ顔」♡ メイクアップポイントを紹介

メイクで今ドキ「大人っぽ顔」♡メイクアップポイントを紹介

「そろそろ大人っぽいメイクにチャレンジしてみたい……」そう思う今日この頃。これを機に、今までのメイクを見直してみませんか? メイク前のスキンケアから各パーツごとのメイクポイントを詳しくご紹介して、大人っぽ顔をつくるメイク術を徹底解説します! 

目次

1.メイクのためにスキンケア! 肌を整えてメイクのノリをアップ♡

pattern_1
大人っぽメイクといえば、透明感のあるキレイな肌がポイント。ファンデーションで隠す前に、肌を整えることが肝です。毎日しっかりとスキンケアをして、清潔でキレイな肌を保つようにしましょう!

肌トラブルが減らない人は、スキンケア方法が間違っているのかも。トラブル知らずの美肌を導くために、まずは正しいスキンケア方法をマスターしましょう! 

洗顔は、たっぷり泡でやさしく洗うこと

pattern_1
メイクのノリを左右する洗顔方法から紹介します。ササッと済ませたいからといって、ちょっと泡立ったらすぐに顔に洗う……というのはNGです。洗顔フォームはたっぷりと泡立ててから、顔にのせましょう。

少し多めに洗顔フォームを手に取ったら、泡立てネットを使ってふわふわなボリューミー泡になるまで泡立てましょう。たっぷりと泡をつくってから洗うのがポイントです。
 
pattern_1
顔を洗うときは、たっぷりの泡でやさしく撫でるように洗うようにしましょう。
擦るように洗ってしまうと、摩擦が起きる原因となります。泡を転がすように洗うだけでも、顔に付着した汚れがしっかり取れるので、“やさしく”をイメージして洗顔するようにしましょう。
pattern_1
顔をすすぐときは、水ではなく35℃くらいのぬるま湯がおすすめ。内側から外にかけて流すようにすすぐと、肌へのダメージも少なくキレイに洗い上げることができます。

生え際やあご下は泡が残りやすく、洗い忘れてしまうことが多い場所です。顔の表面をすすぎ終わったら、おでこ周りとあご周りを横にすすぐようにして、しっかりと洗い流しましょう。

全体が洗い終わったら、タオルで顔をおさえるように水気を取れば洗顔は終わり。時間をかけてやさしく洗うのが、美肌をつくるコツなんです♡ 

次のページは>>「2.メイク前の洗顔は拭き取り化粧水や朝用マスクも◎!」

 
128 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ