ビューティー
恋が生まれるメイクの教え

【夏の大人メイク術】 アラサーの「ピンクメイク」の秘訣は“ラベンダー”使いに注目

いつの時代も、永遠のスタンダードとして君臨し続ける“Tシャツ×デニム”スタイル。ベーシックの代表とも言えるスタイリングは、まさに自由に色を描けるキャンバスそのもの! だから、自分がアガるメイクアップをしよう。そうすれば、毎日はもっと輝きだす!!

今回のテーマは「ヌーディな白サロペットコーデはラベンダーピンクで柔らかな血色感を」

ヌーディな白サロペットコーデはラベンダーピンクで柔らかな血色感を

程よいリラックス感が生まれるデニムサロペットはトレンドの白がオススメ! ベージュのTシャツで爽やかかつマイルドにまとめたら、ラベンダーがかったピンクのワントーンフェイスで優しい色気を添えて。
pattern_1

Use these

pattern_1
【A】薄膜ラベンダーシャドウ
寒天ベースのジェルシャドウ。リップやチークにも。アクアジェム グロウ 03¥3080/スナイデル ビューティ

【B】ローズブラウンライナー
ローズ混じりの穏やかブラウン。滑らかな描き心地と落ちにくさを両立。ラブ・ライナー クリームフィットペンシル〈アイライナー〉 ロージィブラウン ¥1320/msh

【C】モーヴ眉マスカラ
ふんわりエアリーな仕上がり。ムースブロウマスカラ 10 ¥2420/ジルスチュアート ビューティ Dぽわっと馴染み、透明感アップ。ファシオ マルチフェイススティック 11 ¥990(編集部調べ、9月16日発売)/コーセー

【E】高発色ラベンダーリップ
リッチでのびの良い塗り心地と、発色の鮮やかさに心酔。コンスピキュアス リップス 22 ¥4950(8月4日発売)/アンプリチュード

◆MAKE-UP TIPS 『透け感と光で色づけて』
シアーに輝くAをアイホールと下目頭にのせ、上まぶた中央のキワにBでラインを引く。眉もパープル系の眉マスカラCでとかすように色づけたら、頰の高い位置にラベンダーのDを指でトントンと馴染ませる。唇の赤みをコンシーラーなどで軽く消してからリップEを塗って、発色を鮮やかに。
【堀田茜】ホワイトサロペット¥30800/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニーPR) Tシャツ¥9790/Uhr 赤ネックレス¥3300、マルチカラーネックレス¥3300/ロゼッタ プレア(ビームス 銀座)

続きはwith9月号でお楽しみください♥

こちらの記事もオススメ!

pattern_1
PHOTO:Takanori Okuwaki(UM/Model), Young Ju Kim(still) HAIR & MAKE-UP:Yukari Hayashi(ROI) STYLING:Lisa Sato(bNm) MODEL:Akane Hotta, Hiyori Hamagishi(Hinatazaka 46) EDIT&TEXT:Kazuko Moriyama

●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2021年9月号発売時点のものです。
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ