ビューティー
ビューティーニュース
17.Nov.2020

眉の流行はもう追わない!眉メイクの正解は自眉を生かすこと【メイク水野未和子さん】

多くの女優やモデルから指名を受ける人気メイクアップアーティスト水野未和子さんの新刊、『ディファインメイクで自分の顔を好きになる  “私だけの魅力”が必ず見つかる自己肯定メソッド』が10月30日に発売に!水野さんの提唱している「ディファインメイク」の“ディファイン”とは、輪郭をはっきりとさせることを意味します。顔や目、 眉、唇の輪郭をディファインすることによって、その人自身の延長線上にある美しさを際立たせるこのメイク、顔立ち問わず誰もがきれいになれるんです!
今回は本の中から、多くの人が悩む眉のメイクテクニックを教えていただきます。水野さんがおすすめする眉コスメにも注目です!
pattern_1

(プロフィール)

水野未和子(みずのみわこ):メイクアップアーティスト。オレゴンに留学後、イギリスに渡り、London College of Fashionでメイクアップを学ぶ。卒業後、フリーランスのメイクアップアーティストとしてロンドンでキャリアをスタートし、帰国後は多くの雑誌や、KOSE、POLAなどの広告、CMなどを手がける。人によって違う、その人だけの魅力をディファイン(明確に)するメイクに定評があり、数々の女優やモデルが厚い信頼を寄せる。3rd所属。
【Instagram】mizuno.miwako

トレンドに振り回されず、自分の眉を生かそう

眉は、特に、意志や知性を感じさせるパーツ。その人らしさをもっとも語るパーツでもあります。 眉の正解は、自分の眉の延長線上にあります。自分とは違う理想形を作ろうとするのでなく、自分の眉を生かして整えるほうが、骨格や表情となじみやすく、バランスよく、ナチュラルな印象に見えるのです。トレンドに左右されたり、誰かになろうとしたりするのでなく、自分自身を生かすのが成功の秘訣です。

「眉」のディファインメイクに使うコスメは?

パウダー、ライナー、マスカラと質感や色が異なる3種のアイテムを組み合わせ ます。質感や色の差が、眉そのものに立体感を生み、自然に見せるからです。
眉色は、必ずしも髪色に合わせる必要はありません。欧米の女性たちを見るとわかると思いますが、金髪の人は眉も金色、というわけではありませんよね?

髪よりも、肌や瞳との相性を見て、なじむ色を選んだほうが、顔の中の一体感が生まれるので、基本的に、私たち日本人の多くは、ブラウンやカーキなどを選ぶのが自然に仕上げるコツ。
また、光らないものが理想的です。

仕上げに使うアイブロウマスカラは、自然なツヤを与えながら毛流れを作り、 ホールドしてくれる透明タイプを選びましょう。

ツール選びも重要です

アイブロウブラシは、斜めにカットされた硬めのものを使います。わざわざ購入しなくても、使わなくなったアイシャドウブラシ(平ブラシ)をはさみで斜めにカットして代用してもいいと思います(私は、そのようにして自分仕様のものを作っています)。
より自然な眉を描くために、アイブロウブラシは大と小、2種使用します。
眉に色を入れたあと、その色をさらに自然になじませるために、スクリューブラシを使います。
スクリューブラシは、幅が太く、毛が長めで「肉厚」なものが理想的です。

「眉」のディファインメイクの方法を解説

アイブロウを描く前に描きやすいように眉を整えます。パフやティッシュペーパーで皮脂やファンデーションの油分を押さえ、パウダーを乗せます。スクリューブラシで毛流れを整えながら余分なパウダーや繊維を取り、留まりのいい状態にしておきます。

❶眉頭の上、眉山の上、眉山の下の3つのポイントにアイブロウパウダーとアイブ ロウブラシ(小)、またはアイブロウライナーで「点」を入れ、アウトラインのポイントを決めます。
pattern_1
❷眉のアウトラインの「下描き」をします。薄い色のアイブロウパウダーとアイブロウブラシ(大)で、眉頭下と眉尻と❶で入れた3点をバランスを整えながら結ぶように、眉の形を描きます。
❸アイブロウパウダーの濃い色とアイブロウブラシ(小)、またはアイブロウライナーで毛が薄い部分を補うようにつないで、形を描きます。
❹眉山から眉尻にかけては骨格に沿って自然なラインを描きます。
❺スクリューブラシを横にして眉に押し付け、左右に小刻みに動かしながら、揉むように眉全体の色をならして、自然になじませます。
❻アイブロウマスカラであちこちに向いている眉の毛を濡れた質感にしながら毛流れをきれいに整え、眉をフィックスして仕上げます。

顔立ち別「眉」のディファインメイクのコツ

目が離れているなら……

pattern_1
目が離れているなら、眉頭のポイントを毛2本分中央に寄せます。そのために、眉頭に毛2本分を描き足します。眉山の下に毛を描き足します。アイラインは目頭のみに入れます。

目が寄っているなら……

pattern_1
目が寄っているなら、眉山の上のポイントをより外側に寄せます。眉山の上のポイントをより外側に寄せ、 眉尻を長く伸ばします。アイラインは目尻のみに入れます。


眉と目が離れているなら、眉の下を太めに描き、眉と目の間の距離を少し狭めます。
眉の毛が立ちやすい、下に向きやすい、毛があちこちに向いているなら、ホットビューラーを押しつけるようにして、調整するのがお勧めです。アイブロウマスカラの代わりに、透明で白くならない、ホールド力の高いマスカラベースや、ワックスのように使える眉用の石鹸を使うのもお勧めです。
眉山から眉尻を柔らかく描いて優しい印象に、しっかりと直線的に描いてハンサムな印象にと、描き方でイメージを自在にコントロールできます。
次のページ>>水野さんおすすめの眉コスメ&ツールは?  
59 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ