編集部|ビューティー

【歯科医がアドバイス】ホワイトニングしたい人必見!安全で効果的なホワイトニングを行うには!?

ホワイトニング前には歯医者を受診するとトラブルが少ない

こんにちは! withLabエディターで現役歯科医の野尻真里です。

私は歯科医師としてホワイトニングサロンの顧問監修も行っているのですが、利用する人にも歯科医院に行くことを推奨しています。

歯医者を受診してからホワイトニングを行った方がトラブルが少ないためです。

今回はその理由とポイントを紹介していきたいと思います。

①歯科医院での清掃で落ちるような着色かも

pattern_1
まず、自分の気になっている着色は本当にホワイトニングじゃないと白くならないのでしょうか。
歯科医院でも専門の機械やペーストを使って歯の清掃・研磨を行います。

着色が落ち、ホワイトニングをしなくても定期的に着色を落とせたら満足だという患者さんもいらっしゃいます。

また、お口の状態や、期間、効果の期待に応じて自分に合ったホワイトニングの相談をすることもできます。

②虫歯のチェックをしてもらえる

pattern_1
虫歯に気づかずにホワイトニングを行うとしみて痛みが出る可能性もあります。

ホワイトニングのジェルはとてもしみやすいです。しかし、詰め物や被せ物をすると、詰め物や被せ物はホワイトニングで白くならないため、色調に差がでることがあります。

虫歯治療とホワイトニングは基本的に同時進行はできないため、歯科医師としっかり相談をしながらホワイトニングを進めていく必要があります。

③着色の原因がホワイトニングじゃ改善されないかも

pattern_1
神経を抜いて治療を行った歯は、時間の経過とともに茶色~黒色に変色することがあります。これは、自分やエステでホワイトニングをしても白くはなりません。

また、外傷をしてピンク色になった歯も同様に白くなりません。

歯科医院の治療でしか白くならない歯があるためチェックは必要です。

④歯茎に炎症があると痛みの原因になるかも

pattern_1
歯茎が炎症を起こしている状態でホワイトニングをすると、虫歯と同様にしみる可能性があります。

歯茎に炎症がある場合は、まず炎症を抑えるためのプロフェッショナルケアと歯科医院で教えるセルフケアの徹底を行うことで歯茎の炎症を抑えてから、様子を見てホワイトニングを行うことになります。

⑤歯石や着色、歯垢をとってから行った方がより効果が出やすい

歯石や、歯垢、着色を除去してからホワイトニングを行うことで、効果が出やすくなります。

また、ホワイトニングが終わった後も、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、セルフケアのアドバイスを受けることで、白さのキープもしやすいです。

歯医者さんと相談しながらトラブルなくホワイトニングをしましょう

ホワイトニングは保険適応ではないですが、歯科医院での定期健診やクリーニングは保険適用の対象です。

ホワイトニングを行う際はお口のトラブルをチェックしてもらってから、安全にホワイトニングをしましょう!
 
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ