【産婦人科医に聞いてみた】生理じゃないのに血が…「不正出血」で考えられる病気って?

SHARE

「え、生理じゃないのに血が出てる……」こんな状況になったら、もしかして何か病気なんじゃないかなど不安になってしまいますよね。今回はそんな「不正出血」について、針間産婦人科の金子法子院長に、原因や考えられる病気などについてお伺いしました。

【目次】

Q1:そもそも不正出血って何?

不正出血とは、月経時以外で膣から出血したものをいいます。鮮血や茶色っぽい血が出る場合や、おりものに少量の血が混ざったような場合も不正出血に該当します。思春期・成熟期には機能性出血が多くを占めますが、中には良性、悪性腫瘍の器質的変化が原因のこともあります。
つい、少し様子をみようかな……と、思いがちですが、自己判断せずに婦人科受診をされることをおすすめします。

Q2:不正出血の原因にはどんなものがあるの?

不正出血の原因は、大きく分けて4つあります。

「器質性出血」

何らかの疾患が原因の出血をいいます。膣、子宮、卵巣などに異常があり、それが原因で出血することです。代表的な疾患に、子宮頸がん、子宮体がんなどの「悪性腫瘍」や、膣炎、子宮頸管ポリープ、子宮内膜症などがあります。

「機能性出血」

女性ホルモンのバランスの乱れが原因の場合をいいます。病的な原因ではなく、環境の変化や心的ストレスがあるときや、思春期や更年期のホルモン量が不安定なときにおこりやすくなります。

「中間期出血」

月経と月経の間の、排卵の時期に出血するもので、毎回ある人もいれば、ときどきみられる人もいます。生理的な出血で、病的なものではありません。

「その他の出血」

妊娠したときに、いつもの月経よりは少量の出血をみることがあります。また性交時に、指や性器により、膣内が傷ついたときに出血することもあります。
もしかしたら病気のサインかも…不正出血で考えられる病気って?次のページ
 
41 件

編集部|ビューティー

「編集部|ビューティー」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード