編集部|ビューティー

資生堂150周年の記念CMが素敵すぎる!日本を代表する女優8名が夢の共演。撮影秘話も!

今年、創立150周年を迎える資生堂。安藤サクラさん、池田エライザさん、石田ゆり子さん、小松菜奈さん、近藤華さん、長澤まさみさん、広瀬すずさん、前田美波里さんの計8名の豪華キャストが出演する新TVCMが、2022年1月23日(日)から全国で放映中。ここでしか見られない美の共演を、撮影エピソードとともにご紹介します!
pattern_1
今回のTVCMでは「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」をメッセージとして、美の力を通じて、一人ひとりの生涯にわたるしあわせに貢献する企業であり続けたいというメッセージが込められているそう。

これまで資生堂が発信してきた150年の歴史を最新の映像技術で表現し、CM楽曲はミュージシャン中村佳穂さんがカバーする当時の大ヒット曲「君のひとみは10000ボルト」。

創業時から現代、そして未来に至るまで、それぞれの時代のタイムレスな美しさを8名の豪華キャストが演じています。当時の衣装やメイク、過去CMのオマージュなど演出も必見!

話題のTVCMはこちら

---
資生堂が日本初の民間洋風調剤薬局として創業した当時の東京・銀座の風景。
---
明治時代、銀座を歩く女性の様子を再現。 出演:石田ゆり子さん
---
1928年、当時流行していたのは「モガ(モダンガール)ファッション」。 出演:長澤まさみさん
---
1982年「い・け・な・いルージュマジック資生堂ルアリップカラー クリエイター」CMのオマージュ。 出演:安藤サクラさん
---
現在のビューティーコンサルタント。 出演:小松菜奈さん
---
新時代の就職活動の象徴ともいえる“リモート面接”に臨む学生。 出演:広瀬すずさん

150周年企業広告「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」60秒篇|資生堂

撮影エピソードはこちら

さまざまな時代のキャラクターを演じる女優陣の衣装やヘアメイクは、当時の流行や設定を検証し、細部まで徹底的にこだわりながら忠実に再現されています。
資生堂の「美」に寄り添った150年の歴史を、8人の“ミューズ”と撮影エピソードと一緒にぜひお楽しみください!
pattern_1
撮影に際し、出演陣はそれぞれに工夫を重ねながら個性的な演技を披露しています。オープンカーのドライブシーンで、片手を突き上げるポーズを自ら提案した安藤サクラさん。テンションが上がりすぎて両手を上げてしまう熱のこもった演技に、スタジオ全体が明るい笑いで包まれる一幕も!
pattern_1
前田美波里さんが砂浜の上で踊るシーンは、生涯にわたって美を進化させ続ける姿勢を表現。前田さんが提案したアイデアを盛り込みながら、卓越したダンスの表現力と、はためく衣装のマッチングがあまりにも美しく、全スタッフが見とれてしまったそう。
このシーンはなんと、1966年にご本人が出演された資生堂サマー・キャンペーン広告「太陽に愛されよう」のオマージュとなっています。風ではためいた時の美しさを意識して製作した衣装も見どころのひとつ。
pattern_1
CMの各場面は「君のひとみは10000ボルト」の歌詞に沿って“視線”にこだわり、「その瞬間、どれだけドキリとさせられるか」を追求。レンズ越しに視聴者と視線が合う想定のシーン撮影では、数えきれないほどのテイクを重ねています。
長澤まさみさんの撮影では動くカメラに合わせて一瞬目線を合わせるというシビアなタイミングにもかかわらず、それを感じさせない素晴らしい表情!
pattern_1
石田ゆり子さんは、馬車の上でカメラと目が合った瞬間にウィンクをするという即興のディレクションを監督から受けましたが、絶妙なタイミングのアクションとチャーミングな表情で見事にクリアし、現場では自然と拍手が起こったそう。こちらのシーン、とにかくキュンです!
pattern_1
CMのラストで宇宙空間を表現するシーンでは、近藤華さんが初めてのワイヤーアクションに挑戦。
体力的にも厳しい体勢での撮影が続き相当な回数のテイクを重ねましたが、近藤さんは一切の弱音を吐かず最後まで元気に演技を続け、見事OKが出た瞬間には満面の笑顔が。

見ているだけでなんだかポジティブな気分になれる!完成した動画はこちらをチェック!

29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ