編集部|ビューティー

【歯科医が教える】歯医者にはいつ行くのがベスト?節約にも繋がるおすすめの通い方とは?

皆さんは気軽に行ける歯科医院がありますか?

こんにちは! withLabエディターで現役歯科医の野尻真里です。

皆さんは気軽に行ける歯科医院がありますか?
今までは治してもらいたいところがある時だけ活用していたイメージですが、これからの時代は違います。

歯医者さんのいい使い方をマスターするだけでお口美人になるだけではなく、節約にも繋がります。知っておきたい歯医者の活用方法を書いていきます。

自分の歯は何本あって何本治療しているか知ることが大切

pattern_1
みなさんは今現在、自分の歯が何本あって、そのうち何本が治療した歯かを知っていますか?
もし分からなかったとしたら、まずはそれを知るために歯科医院に行くことがオススメです。

以前に治療した歯は、二次的な虫歯ができるなど、またトラブルが起こりやすいと言われています。

自分のお口の中の状態を詳しく知り、歯科医院でケアや生活習慣のアドバイスをもらうことで、毎日のオーラルケアがより効果的に行えるようになります。

綺麗なお口の中を維持するために歯医者に行くのが正解

歯科医院では、歯茎の状態、初期虫歯の有無、隠れ虫歯の有無(痛みはなく穴も開いていないが進行した虫歯)、歯石の有無、歯磨きの癖など様々な情報が分かります。

それらを踏まえて、治療しなければいけないところを吟味し、これからトラブルが起こるリスクのある部分はどうしたらトラブルを阻止できるのか、患者さんと相談しながら管理を行うことができます。
pattern_1
もし、お口の中にトラブルが起こってから歯医者に行っていたらどうでしょう。治療回数に時間を取られ、被せ物やインプラントに高いお金を支払い、そして治療した歯はまたいずれかトラブルが起きるリスクが高いと言われています。そして治療は痛くて、治療後の見た目も気になりますよね。

それに対して、点検とクリーニングをするために通う歯医者は数ヵ月に1回、自分の都合の良いタイミングで行くことが出来ます。また、高額な治療費を払うわけでもありません。もちろん、涙が出るような怖くて痛い思いもしなくていいのです。

信頼関係が出来ると歯医者はもっと便利

pattern_1
こうして歯医者でお口の管理を始めると、もっと便利なことがあります。

歯の色や口臭など他人にはなかなか相談しづらいことや気になったことを気軽に相談でき、自分のお口について知りつくした相手から答えをもらうことができます。

また、自分に子どもができたときや将来高齢になった家族を連れて行きたいときにも安心して連れて行くことができますよね。

自分が嫌な思いをしないように歯医者を活用しよう

何歳になっても綺麗で若々しいお口であるために、悪い部分はないか定期的に検診を受け、メインテナンスを行ってください。
イメージは車検と同じです。長く長く良い状態を保つことが皆さんのお口美人を作ります。

予防歯科時代の歯医者さんの活用法、ぜひ試してみてくださいね。
 
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ