ビューティー
後藤真希の「Beauty NOTE」

【動画で解説!】後藤真希Bodyを作るトレーニングTIPS【くびれ&体幹/骨盤ひねりプランク】

ゲーム実況や美肌治療、メイク動画、歌ってみたなど、さまざまな動画を自身のYouTubeチャンネルで配信している後藤真希さん。10年ぶりの写真集「ramus」の発売に先立ち公開された「先行カット」も話題沸騰! 今回は、エクササイズ編第3弾。キュッと引き締まったくびれの作り方をご紹介。後藤真希さんご自身の解説も必見です!

【TIPS3:骨盤ひねりプランク】

体幹を鍛えながら脇腹のぜい肉まですっきり! くびれ育成エクササイズ

後藤真希の「Beauty NOTE」エクササイズ編ラストは、体幹を鍛えるおなじみのプランクに“ひねり”の動作を加えた「ツイストプランク」。1週間で結果が目に見えて、1ヵ月後にはめちゃくちゃ引き締まる! と真希さんもその効果実感に驚いた一人だそう。

「歌のお仕事でドレッシーな衣装やちょっと露出のある衣装を着させてもらうときがあるんですけど、そういう『急いで引き締めなきゃ!』ってときに効果絶大なんです。1週間続けるだけでもだいぶ違うし、1ヵ月続けたら本当にお腹や腰回りがすっきりしたんです。毎日じゃなくてもいいので、皆さんも露出が多くなる季節に向けてコツコツ美くびれ作りを始めてみませんか? 続けるうちに『もうちょっといけそう』とか、『昨日と同じ回数やったけどまだ余裕あるな』とか、日に日に成長を感じられるところも魅力。とりあえず最初は無理せず10回から! 一緒に頑張りましょう!」

後藤真希のリアルトレーニング【くびれ&体幹/骨盤ひねりプランク】

【HOW TO】

両肘を肩の真下につけてうつ伏せになる。肘を痛めないようにヨガマットなどの上で行う。腰を浮かせて背筋をまっすぐにし、頭からかかとまで一直線になるように姿勢をキープ。
お尻が浮いたり、お腹が下がったりしないように鏡を見てチェックしたり、家族に姿勢を確認してもらうとベター。脇腹をねじるように意識しながらからだを左右交互にひねる。左右で合計10回が目安。慣れてきたら少しずつ回数を増やしていって。

①両肘をついてうつ伏せになる

pattern_1

②脇腹から左にねじる

pattern_1

③逆の右側にねじる

pattern_1

「面倒くさい」を抜けるコツは習慣化してしまうこと!

からだを引き締めたいと思っても、「面倒くさい……」という気持ちが勝ってなかなか最後の1歩を踏み出せない人も多いはず。「そういうときは『3日間だけ同じ時間にやる!』と決めて習慣化してしまうのが手っ取り早い」とアドバイスをくれた真希さん。
「結局からだ作りは自分の欲との戦いだからマインドが超大事。まずは3日間だけ、お風呂上がりとか寝る前とか同じタイミングでやってみる。そうすると、不思議なことにこの時間になったからエクササイズしようって脳が切り替わるんです。あとは、楽しく続けられるほうがいいからエクササイズ中は気分が上がるような音楽をかけるのも手。私もエクササイズをしない日も曲だけは流すんです。それで運動意欲を維持してます(笑)」
服をキレイに着こなしたい、運動不足を解消したい、脚をすっきり見せたいなど、手軽に理想の美Bodyを目指せるメニューでお届けした「Beauty NOTE」エクササイズ編、いかがだったでしょうか。最後に真希さんからこんなメッセージが。
「1日おき、2日おきとか、1ヵ月後の理想のボディを目指してやれるようなメニューになっているので、ぜひ試してみてくださいね。急いで絞らなきゃいけない予定がない人でも、健康的なからだ作りや太りにくいからだ作りのために1週間に3回くらいは動画を見ながら一緒にやってくれるといいなって思います。今すぐ痩せたい!という人はぜひ動画で毎日会いに来てくれると嬉しいです♡」

『後藤真希写真集 ramus』が発売中!

pattern_1
モーニング娘。として13歳で鮮烈なデビューを遂げてから22年。後藤真希さんが自身10年ぶりとなる写真集が発売中!

この写真集「ramus」で表現されたのは、アイドル時代を経て、ひとりのアーティストとして、ひとりの女性としてさまざまな経験を重ねオトナになった今だからこそ表現できる「自分らしさ」。開放感に満ちた空間で、光を感じながら自らを解き放った姿を追っています。

夏のある日プールではしゃぎ、朝食のフルーツをほおばるチャーミングな様子、バスタイムのピュアな姿、リラックスタイムに放った美しい肢体.....そこに溢れるのは奇跡の36歳とも語られる圧倒的透明感! 女性が憧れる思わず触れたくなるやわらかな肌、ヌーディーな世界に宿るその輝きを存分に感じられる、スペシャルな写真集です。

撮影を担当したのは、withはもちろん数多くの女性誌でカバーカットを担当するカメラマンの菊地泰久氏。本人が内から放つ美しさが余すことなくとらえられ、「今の後藤真希」が最高のかたちでおさめられています。
少女のような無邪気な笑顔はもちろん、ぐっと艶やかな表情にいたるまでさまざまな姿を楽しむことができる写真集には、しなやかなボディを贅沢にとらえたカットが満載。「ゴマキビューティ」が溢れる多彩な一冊になっています。

ラテン語で「枝」を意味するタイトルの「ramus」も後藤真希さん自らが発案したもの。占いの「四柱推命」によると彼女の星は「花」。そこで「自分の星が花であるなら、これまで支え愛してくれたファンは私を照らす太陽であり、育ててくれる土であり、心に潤いを与える水なのだと思う」と考え、感謝の気持ちを込め「これからもっと枝葉を広げるように成長していきたい」と「ramus」に決定したのだとか。

衣装選定や写真セレクトにいたるまで、後藤真希さん本人のこだわりと、ファンへの愛が込められた一冊となっています。
『後藤真希写真集 ramus』 (ラムス)

定価:2,970円(税込)
仕様:A4 128ページ
講談社刊
プロセス撮影/嶋田礼奈 スタイリスト/松井朋香 ヘア&メイク/青山志津香 取材・文/山田理華子
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ