編集部|ビューティー
04.Nov.2020

【女性歯科医が愛用】“ホワイトニング効果”で選ぶ《歯磨き粉》4選!ドラッグストアで買えます!

スキンケアと同じようにオーラルケアにもこだわりを持っていますか?

こんにちは! withLabエディターで現役歯科医の野尻真里です。

スキンケアと同じように毎日行うオーラルケア。皆さんは歯磨き粉もコスメと同じようにこだわりを持って選んでいますか?

今回は、ホワイトニングサロングループの顧問歯科医師であり、予防歯科推奨歯科医師の女医がセレクトした予防も白さ維持も叶える歯磨き粉を紹介していきます。

今から紹介する歯磨き粉はすべて、フッ素が日本基準最高の1450ppm配合されているものからの4選になります。
4選を紹介する前にフッ素にこだわった理由の前置きからです。

虫歯予防にフッ素は欠かせない

フッ素は虫歯予防の中で唯一効果があるとされている実はすごい成分です。
その働きは3つあります。

1つ目は、虫歯菌が溶かした歯をまた固めようとする働き。
2つ目は、虫歯菌に負けないように歯の構造をより強くする働き。
3つ目は、抗菌です。

そしてこれは濃度が高い程、より効果を発揮します。なので今回の4つはどれも虫歯予防には最大の効果があるのです。

①クリアクリーンプレミアム 美白

pattern_1
「クリアクリーンプレミアム 美白」には、「無水ケイ酸」という成分が研磨剤として入っています。
どのような物かというと、これを結晶にして透明度を高くすると、皆さんも知っている水晶になります。

研磨剤と聞くと、歯が削れてしまわないか心配ですよね。しかしこの“無水ケイ酸”は、歯の表面(エナメル質)より柔らかいため、歯を削る心配は少ないと思います。

また、フッ素との相性がいいので、フッ素が安定して歯に残りやすくなります。
気になる使用感ですが、バラのような良い香りがしました。個人的に4つの中で一番好きな味でした。

また、少し辛みがあり、砂糖より細かいザラザラ感がしました。このザラザラはKAOオリジナルの顆粒で歯磨きするだけで崩れてしまう脆いものだそうで、無水ケイ酸と同様に歯の白さ維持に働いているそうです。

②シュミテクト TRUE White

pattern_1
シュミテクトは私の医院でも使用している知覚過敏に効果的な歯磨き粉です。
そこにホワイトニングでも使われている「ポリリン酸ナトリウム」という成分がプラスされているのが「シュミテクトTRUE White」です。
このポリリン酸ナトリウムというのは、歯の表面を白くし、着色汚れが付きにくくコーティングすることで白さの維持をします。

また、歯周病進行の原因となる歯石が歯に沈着するのも防ごうと働きます。
使用感は、長くお口の中に入れていても無味無臭で、歯磨き粉独特の味がないのが良かったです。
ただ、辛さは4つの中で一番感じました。口の中に長くあるとピリピリ感があるので、すっきりする爽快感が好きな人にオススメです。

③クリニカアドバンテージ NEXT STAGE+Whitening

pattern_1
「クリニカアドバンテージ NEXT STAGE+Whitening」には、先程「クリアクリーンプレミアム 美白」で解説した「無水ケイ酸」も入っているのですが、ホワイトニング効果のメインの成分は、「ポリアクリル酸ナトリウム」という成分です。

これは、黄ばみを浮かせて着色を除去しようとする働きがあります。
また、「デキストラナーゼ」という成分がプラーク(細菌の塊)ができるのを抑制する働きがあるため、虫歯・歯周病予防にも効果があります。

使用感は、フルーティーな味がしました。あまり辛くなく、まるで子供用の歯磨き粉を使っているみたいで、私には使いやすく感じました。
次のページ>>気になる最後の歯磨き粉は?  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ