ビューティー
「"綺麗"を叶えるセルフケア」エステティシャン麻美(girlsエディター)
27.Jan.2020

側頭筋マッサージで【小顔】&【ほうれい線対策】が実現!「"綺麗"を叶える簡単セルフケア」エステティシャン麻美(girlsエディター)

こんにちは! with girls STAR100メンバー「好きを仕事に」ラボ所属&girlsエディターの永松 麻美です。

with girls新編成でwith girls STAR100になりまして、さらにこの度、連載をスタートすることに!

大好きなwithで連載を持てるなんて本当に光栄です。

普段わたしは、エステサロンのオーナーとして、エステ講師、そして美容ライターなど好きな「美容」を仕事にして楽しく働いています。

今回は小顔を目指す上でのキーポイントになる「側頭筋」のほぐし方についてお伝えしていきます。

小顔の鍵は「側頭筋」! それってどんな筋肉?

pattern_1
人の頭やお顔には、たくさんの筋肉があります。側頭筋は咀嚼筋といって、ものを食べる・噛むときに使う、こめかみあたりから耳の上、頭の側頭部に広がる大きな筋肉。この側頭筋がストレスや緊張、年齢、姿勢の悪さ、食いしばりや歯軋りなどが原因で側頭筋が凝り固まってしまうと、むくみやシワ、たるみなどにつながってきます。

側頭筋が固くなると大顔のもとに…!?

pattern_1
側頭筋は頬を支える小頬骨筋、大頬骨筋ともつながっているのでゴルゴ線、ほうれい線、頬のたるみにも関係します。側頭筋が凝っているとシワ・たるみ・大顔の原因に。特にストレスや姿勢から、噛み締めや食いしばり、歯軋りのクセがある人は要注意! ここを酷使するとハチ・エラが張ってきて大顔の原因に! ひどいと歯が痛んだり、首肩こりや頭痛の原因になることも。セルフケアで側頭筋をほぐして、小顔効果&シワたるみ予防を行いましょう!

小顔になれる! 簡単・セルフマッサージの方法

pattern_1
まずはこめかみの横のあたりから、耳の上にかけて指の平を当てます。
このまま圧をかけながら上へ持ち上げるように円を描きます。
少し場所を変えながら「凝ってるな」「痛気持ちいい」と感じるところを重点的にマッサージ。このとき、口の中で上下の歯がくっつかない状態で行うようにしましょう。歯を噛み締めていると、筋肉が緊張し、ほぐれにくいです。また普段から上下の歯をくっつけている時間が長い人は、エラ、ハチが張って大顔になりやすいので、注意してみてくださいね。「上下の奥歯は離す」がポイントです。
pattern_1
pattern_1
凝りが強い、指が痛い人は手をグーにして行いましょう。関節をあてると痛みを感じやすいので、グーをした「面」を頭皮にあててみてください。リファなどコロコロ美顔器を持っている人は、美顔器で側頭部をコロコロでもOKです。3分から最大でも5分くらいを目安に。お顔のむくんでいる朝、日中のオフィスワークの合間、夜お風呂に入りながらなどスキマ時間で行ってみてください。

小顔・ほうれい線・たるみの予防に♡

pattern_1
お顔を直接マッサージする場合は、お肌質ややり方によってはシワたるみ原因になることもありますが、頭皮はあまり心配いりません。頭皮が凝っていると、むくみ、シワ、たるみの原因になるのでしっかりとほすぐす習慣を。側頭筋は結果を感じやすい場所なのでぜひやってみてくださいね。

動画でも説明&マッサージ解説しています

【小顔講座】側頭筋ほぐして小顔&ほうれい線予防!

 
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ