ビューティー
「"綺麗"を叶えるセルフケア」エステティシャン麻美(girlsエディター)
28.Aug.2020

【夏の終わりのシミ対策】今やるべき“3ステップ”美白ケアとは!?夏の紫外線ダメージを秋まで持ち越さない!!

こんにちは! with girls STAR100メンバー「好きを仕事に」ラボ所属&with girlsエディターの永松 麻美です。

with girls新編成でwith girls STAR100になりまして、さらにこの度、連載をスタートすることに!

大好きなwithで連載を持てるなんて本当に光栄です。

普段わたしは、エステサロンのオーナーとして、エステ講師、そして美容ライターなど好きな「美容」を仕事にして楽しく働いています。

今回は、今の季節にこそやりたい! シミを予防する、美白ケアの基本についてお話しします。

美白ケア・基本の3ステップ

pattern_1
美白といえば、「ホワイトニング化粧品」というイメージが強いですよね。でも実は、美白成分入りのコスメを買いそろえる前にやることがあるんです!

今回はエステサロンでも実践している、美白ケアの3ステップについてお伝えします。
今もう、美白化粧品を使っている、という人も、3ステップを実践することで効果アップ間違いなしです!

ステップ1・紫外線から肌を守る!

pattern_1
まずは、「シミを作らせない」「色ムラをつくらない」「透明感をキープする」ために必要なのが、これ以上紫外線を浴びないこと!

なあんだ、そんなこと、と思うかもしれませんが大前提として一番大事なのです。どんなに高級な美白化粧品を使っていても、紫外線のダメージを受けていたら台無しに。

強い日差しの日はもちろん、雨の日も、雪の日も、1日家にいる日でも基本的には365日日焼け止めは必須ケア。紫外線は、シミだけではなくシワ・たるみ・黄くすみなどの原因にもなります。

日焼け止めはSPF30PA+++以上のものを!

レジャーなど、強い日焼けを浴びるわけでないなら日焼け止めはSPF30以上あれば十分。肌に優しいノンケミカルでもOKです。

ただし、必ずチェックして欲しいのがPAの値。弱い波長ながら、肌の奥に届き肌老化のダメージを与えるのはPA+で防げる紫外線A波のほう。PA+++の+が3つ以上のものを日常使いしましょう!

摩擦もシミの原因になる! 肌は優しく触って

積極的なケアではないため、3ステップには含まれませんが、実はとても大事なのが、摩擦を避けること。摩擦、炎症はメラニン生成とほぼセットで起こってきます。

ゴシゴシ顔を擦るのはもちろん、枕や洋服とのこすれ、メイク時のブラシやパフでの摩擦、かゆくてかいてしまう、などの摩擦、無意識に何度も触る……などの摩擦も注意を。

コットン、クレンジングシートなどので拭き取り系ケアはなるべく減らし、パフやブラシ、チップなどのメイク道具は肌あたりが優しいものを、力を抜いて使いましょう。

ステップ2・肌の代謝を上げてメラニン排泄をサポート!

pattern_1
積極的な美白ケアをするのに欠かせないステップがこのステップ2!

お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を整えてメラニンを排泄する力を高めます。年齢とともに遅くなりがちなターンオーバーですが、ここが整っていないと美白成分の浸透も悪く、またメラニンが肌内に停滞して沈着しやすくなってしまいます。

肌が極端に乾燥している、肌に赤みやひりつきなど敏感な症状がある場合は控えた方が良いですが、健康なお肌なら角質ケアやピーリングを取り入れて肌の代謝をUPしましょう!

AHAや乳酸配合の洗顔や美容液、酵素洗顔、自宅でできるピーリングなどを定期的に使用していきましょう。

肌を擦ってポロポロさせるもの、スクラブやゴマージュなど摩擦や刺激があるものは避けて選んで。
肌が弱い、角質ケアは肌ダメージが気になる、という人は美容液タイプの角質ケアを。

本格的にケアをしたい人は、紫外線の和らぐ夏の終わりか秋の始めくらいから美容クリニックやエステでプロのピーリングや角質ケアを受けるのもおすすめです。今年はマスク生活や外出を控えている人も多いので、紫外線の影響を受けにくく、積極的なケアに挑戦するチャンスです!
次のページ>>最後のステップは??  
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ