ビューティー
「"綺麗"を叶えるセルフケア」エステティシャン麻美(girlsエディター)
29.Feb.2020

花粉や大気汚染からお肌を守る「アンチポリューション」って?

「汚染」から肌の健康を守るための基本の対策③つ

pattern_1

すっぴんで出かけない!必ず日焼け止めなどを使用しよう!

基本ですが、すっぴんで外出しないことが大切です。近所や近場であっても日焼け止めや下地、ファンデーションなど肌を保護するものを塗ってお出かけしましょう。
アンチポリューション対策のコスメならなお良し! おすすめアイテムは後ほど、紹介していきますね。

家に帰ったらなるべくはやくメイクを落とそう!

家に変えたらなるべくはやくメイクを落としましょう。時間がたったメイク製品や花粉はもちろん、お顔にはたくさんの汚れや、自分で分泌した皮脂なども付いている状態。汚れははやく落とした方がが肌荒れリスクは低くなります。

お風呂は夜入るべし!できればしっかり汗をかこう!

汚染物質や花粉は顔だけでなく髪にも付着します。お風呂は夜は入って綺麗な状態で睡眠を。また、湯船に浸かり汗をしっかりかき皮脂や汗を外に排出することで肌の奥に入り込んだ汚れを排出する効果も期待できます。お風呂で血液循環もあがり、質の良い睡眠が取れれば免疫力や肌のバリア機能も上がり良い効果がたくさんあるかも知れません。

アンチポリューション対策コスメ5つをご紹介!

まずは防ぐ!下地タイプ・スプレータイプが使いやすい!

pattern_1
まずは汚染物質から素肌をガードするためのアイテムを。下地やBBクリームなどベースメイクならアンチポリューション対応の製品に変えるだけなので手間なく対策が可能。ミストタイプならメイクの仕上げやお出かけ前にシュッと一拭きすればOK! メイク直しに使えるのも嬉しいです。

(左から&be UVミルク、ランコム UV エクスペール BBⅡ N、ラロッシュポゼ トレリアン ウルトラ8 モイストバリアミスト、資生堂 dプログラム アレルバリアミスト)

ついたら落とす!吸着して外に排出していくアイテムを。

pattern_1
私のサロンで取り扱っているプロ使用のダーマロジカは大気汚染物質にいち早く着目。チャコール成分は毛穴の奥に入り込んだ汚染物質を吸着し除去してくれます。角質ケア剤なので、毛穴つまり解消、肌代謝のサポートによるシミやニキビあとなど気になる悩みにアプローチしてくれます。
(ダーマロジカ/デイリースーパーフォリエント)

今の肌を守る、未来の肌を守る!

pattern_1
お肌は環境の影響を大いに受けます。目には見えないけれど空気の乾燥、花粉やホコリなどのアレルギーの原因、排気ガスなどの化学物質はお肌の大敵。1日で大きな影響がでるわけではないですが、日々の積み重ねは確実にお肌の老化を進めます。外からの刺激を減らす工夫をしつつ、刺激があっても影響を受けにくい健康美肌を目指していきましょう。
健康状態の良い肌をつくるのが、老化しにくい肌、未来のためのアンチエイジングにもつながります。人生100年時代、with世代のうちからお肌のケアを貯金しておけばきっとずっと綺麗をキープできるはず! 
一緒にがんばりましょう。
 
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ