編集部|ビューティー
23.Jun.2019

現役歯科医が本気で伝えたい今からやるべき【予防歯科】の重要性をチェック!

予防歯科って何か知ってますか?

こんにちは。withgirlsエディターの野尻真里です。
普段は歯科医として勤務しています。

私は予防歯科を推奨しているのですが、予防歯科とは意外に知られていません。
今回は将来の口元美人を作る予防歯科について書いていきます。

30代突入で入れ歯に突入になる恐れも!?

pattern_1
入れ歯なんておばあちゃんになってからのこと…とまだまだ関係ない話というイメージがあると思いますが、実は若くても入れ歯になってしまう人も沢山います。

それは勿論、急になるわけではありません。
そのもとの原因は歯周病や虫歯の放置であることがほとんどです。

そもそも、虫歯が出来て一度治療すれば、もう虫歯にならないと思っている人が多くいます。ですが、これは間違いです。
目には見えない隙間がどうしてもできてしまい、そこから菌やプラーク(細菌の塊)が入り、また虫歯を作りやすくなります。

また、歯は削れば削るほど寿命がどんどん縮まっていきます。
何回も虫歯になると状況はどんどん悪くなり、【詰め物→部分金属(インレー)、被せ物→ブリッジ→入れ歯】なんてことになる恐れもあります。

また、歯周病は症状なく進むので気付いたら歯が抜けてたなんてことも、、

予防歯科とはなるべく歯を削らず、抜かず、健康なお口を維持すること

歯をなるべく削らない、抜かないために、ホームケアの徹底と歯科医院でのプロフェッショナルケアを続けていくのが予防歯科です。

たとえ虫歯があっても初期ならば、ケアを徹底すること!
ケアがしっかりしていたら、1ミリ虫歯が進行するのに10年以上かかると言われています。歯もすぐ抜いてしまうのではなく、どうしたら抜かなくて良くなるか、ケアを徹底することで、状態の維持をします。

つまり、今のwith世代の方にはホームケアの徹底と、プロフェッショナルケアを受けるために歯科医院を定期的に受診しておけば大丈夫! 虫歯の自覚症状がなくても歯科医に行く習慣を作ってみましょう!
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ