編集部|ビューティー

【新時代の“愛される人”になろう!】魅力を120%引き出す『幸せフェイスのつくり方』♡

メイクは自分のために楽しむものである一方、人に与える印象というのも無視できないもの。性別や年齢に関係なく好印象を持たれて、かつ自分も心地よくいられるメイクって? そんな最新版の愛されメイクを徹底研究。旧時代のモテメイクはもう忘れて、今すぐ愛され顔をアップデートしましょう!
\withLabメンバーに聞きました!/
新時代の“愛される人”って?

秦駒千さん

愛嬌があって、明るくて、みんなに平等に接する人。顔の印象としては、強くも甘すぎもしない、知性を感じる雰囲気が愛されそう

下村さきさん

ハッピーオーラであふれている人!

松川莉穂さん

笑顔が素敵で、清潔感がある人

松本ちさとさん

健康的で表裏や媚びがなく自然体。笑顔が素敵で自分を持っている人かな

with Labへのアンケートで見えてきたのは、新時代の“愛される人”には「愛嬌がある」「笑顔が素敵」「ハッピーオーラ」「媚びてない」「健康的」といったイメージを多くの人が持っているということ。つまり、これらのキーワードを意識したメイクをすれば、愛される人の雰囲気を纏えるはず。というわけで、具体的にどんなメイクをすればいいのか、さっそく解説スタートです!

キーワードは、“にじみ出るハッピー感”!

pattern_1
\POINT/
① 愛嬌やハッピー感を醸し出せるピンクを主役に
② ピンクは “じゅわっと”。主張しすぎるのはNG!
③ リップや目元にツヤをのせて明るいオーラを演出

「愛されメイクをするうえで特に大事にしたいのはハッピー感。これを意識することで、愛嬌やヘルシーさも自然と出てくるので、まずは幸せな印象を目指しましょう。具体的には、色自体に多幸感のあるピンクを使うのがポイント。ただし、ピンクは主張しすぎると媚び感が出てしまうので、あくまでじゅわっとにじませるのが重要です。さらにまぶたやリップなど部分的にツヤやラメをさりげなく効かせれば、明るくイキイキとした雰囲気も出て、よりハッピー感が増しますよ」(ヘア&メイク・北原果さん)
次のページ>>愛されメイクのつくり方はこちら!
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

“愛されメイク”の記事一覧

あなたへのおすすめ