27.Mar.2014

春休みのおでかけ♪

両国にある、江戸東京博物館に行ってきました!
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

江戸時代から1964年の東京オリンピックまでの東京の街並みが再現されていたり、模型になっていたりして展示されています。

博物館のはじまりは、こちらの日本橋を渡るところから始まります!


こちらの橋は、当時の日本橋の半分を忠実に再現しているそうです。

橋を渡っていくと、今はもう無い、神田明神の山車を見ることができます。



東京のお祭りも、昔は山車があったそうなのですが、今では神輿に変わってきているとのことです。

橋を渡ると、江戸時代の大名屋敷の模型や、街並みの模型、金屏風に描かれた江戸城の周辺の大名屋敷の地図などが展示されています。


下に降りると、江戸時代の人たちの暮らしの様子や、人気があった歌舞伎の展示などがされています。


江戸時代は、とても火事が多く、燃えた家屋は壊して火を消していたんだとか・・・。

そして、江戸ゾーンをひととおりまわると、次に、東京ゾーンがあります。

明治~東京オリンピックまでの街並みが再現されていたりします。

こちらの朝野新聞は、現在の和光なんだそうな!明治時代は新聞社で、銀座界隈は新聞社がたくさんあったそうです。


時計屋になったのは、もっとずっ後のことなんだそうです。

大正時代にあった、こちらのタワーは、火事か地震で半壊して、後に人工的に壊されたんだそうな・・・。大正時代の人たちの観光スポットだったそうです!


他にも、昔の電話BOXや、タクシーも展示されています。面白い!



第二次世界大戦で、東京の街が空襲でどのように燃えていったかという地図も展示されています。

江戸時代もそうなんですけど、東京という街は、風向きのせいなのか、火事にとても弱い街だと言えます。

それか、地形のせいなのか、小さい火がどんどん拡がってしまうんですよね・・・。

そして、戦後、東京オリンピックで展示は終了!

とても広いので、どんだけ速くまわっても、最低2時間は展示を見るのにかかります。。。

なので、館内は休憩所や、お食事処もとても充実しています。

外国人の方には、ガイドさんもつけることができるそうなのですが、要予約なんだそうな。

でも、外国人の友達が来たら、ここに案内してあげたいなー。と思うくらいの、素敵で楽しい博物館でした!

私が行った時も、たくさんの外国人の方が、写真バシバシ撮っていましたよー♪
1 件

キーワード

“江戸東京博物館、春休み、東京観光”の記事一覧

あなたへのおすすめ